2017年8月13日 (日)

忘れられない言葉10

 私がプロジェクト型の協同学習の理論と方法を学んだのは、1999年にサンフランシスコで行われたCampAppleという研修会です。一週間の研修の中には、コンピュータのスキルアップ講座はもちろん、多くの学習理論のレクチャーが含まれていました。また、最後は参加者全員がプロジェクト型の協同学習を体験するという充実したプログラム。
 参加費用は日本円で約9万円。これは宿泊費や食事代を含むので、決して高いとは言えませんが、日本での教員研修で9万円を超えるところはまれでしょう。サンフランシスコまでの往復航空運賃等を含めると、総額で30万円を超えた研修となりました。

 この研修を受けて以来、私の授業観は激変することになります。
 今までは、

 教師がいかに上手に教えるか

ということのみに興味が集中していたのですが、研修後は

 子どもを良き学習者に育てる

ということにも注目するようになったのです。

 もちろん、教師のパフォーマンスも重要であり、それを否定するものではありません。また、教師の指導技術は必要不可欠なものであり、現状の課題として、それに欠ける教師が多く存在することも事実です。

 しかし、日本の教員研修の多くが、教師側から見た「指導の方法論」に重点を置くのに対して、このCamp Appleでは、子どもたちの側から見た「学習の方法論」に重点を置いていました。
 私にとってCamp Appleは、そもそも授業とは何か、という根本の理念から考えさせられる研修となったのです。

|

2017年8月12日 (土)

忘れられない言葉9

 発言しない子どものほうを見始めると、たしかに聞いているのは分かります。しかし、本当に理解しているどうかが分かりません。ノートに書かせると分かるのですが、授業途中の理解度が分かりません。
 以前の私の授業記録はT(教師)、C(児童)が交互に出てくる「TCTC型」でやっていました。この方法は、教師側の指示・発問とそれに対する児童の反応を記録するという点では意味がありますし、今でも基本的にはこの方法でやっている教師も多いと思います。一方、この方法だと、児童一人一人の理解度が把握できないのです。
Photo
 そこで、なんとか新しい授業形態を取り入れようと模索することになっていったのです。その一つがプロジェクト型の学習でした。

|

2017年8月10日 (木)

忘れられない言葉8

 6年生の学級担任をしていた頃、PTA役員さんが二人学校に来られました。言いにくそうに、でもはっきりと私に言われた言葉があります。
「先生、うちのクラスの平均点を上げてください。」
 どこから得た情報かは分かりませんが、独自に実施した学力テストの平均点が学年平均点よりも低かったということを知っていたようでした。中学校の受験前で、かなり危機感をもたれていた様子です。私は動揺しながらも、全力でがんばります、と答えるのがやっとでした。

 当時の私の学級は、学力差が非常に激しくて、数人のトップクラスの子どもたちは、難関の私立中学に間違いなく合格できる学力をそなえていました。一方、数人の子どもたちは、市販のワークテストの問題は解けるのですが、ちょっと難しい問題になると分からない状態だったのです。
 当時の私の授業はいわゆる「できる子ども」の発言にたよっていたような気がします。発言数は多いので、一見授業は派手で盛り上がっているのように見えるのですが、おそらく数人の子どもたちはよく分かっていなかったのではないか。そんな気持ちになっていきました。
 そう考えるようになると、授業の見方も異なってきます。発言している子どもの方を見るのではなく、発言をせずに黙って聞いている子どもたちの方を見るようになっていきました。(つづく)

|

2017年8月 9日 (水)

忘れられない言葉7

 2月の研究発表会では、雪舟の破墨山水図を使って授業を行いました。有田和正先生がやったように、私は黒板に雪舟の作品を貼るだけです。
 あとは、子どもたちが次々を「問い」を考えていきました。「何が描かれているのだろう?」「朝、昼、夕方のいつだろう?」「季節はいつだろう?」といった問いをグループでカードに書いていくのです。
Sesshuu

 私は、そのカードを、作品の回りに、考えやすい順番に並べて貼ります。それから先は、子どもたちが次々に「答え」を考えていきました。
 決して十分とは言えませんが、私が理想とする「子どもが問いを発して、自分たちで考えていくような授業」に近づいたという実感を得ることができました。

 振り返ってみれば、四月に教務主任から「こんな授業をしてほしくない!」と言われたおかげで、一歩前進したわけです。その意味では、本当に「忘れられない言葉」と言えます。

 きつい言葉には二種類あって、「人を成長させる言葉」と「人を傷つける言葉」です。しかし、それは受け止める側によっても変わるような気がします。同じ言葉にも、受け止め方次第では、自分を成長させることにもつながるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

忘れられない言葉6

 それからは、2月に行われる研究発表会に向けて、授業づくりをすることにしました。教師の発問に頼らず、子どもたち自らが問いをつくる授業をめざしたわけです。
 しかし、それはなかなか簡単にはいきません。子どもたちに問いをつくらせても、的を射てなければ意味がありません。かといって、教師が常に問いを発していては、今までと同じです。
 そこで、得た結論は、「教師が問いをつくる視点を子どもたちにも持たせる」ということです。たとえば、作品の情景を想像させたければ、「何が見えますか?」「どんな音が聞こえますか?」という問いを教師が発しつつも、少しずつ、子どもたちには「見えるものや音を想像する」といった鑑賞の視点をもたせるということです。これは、国語の時間にもできます。また、社会の時間では、子どもたちが問いを出して、それを解決するという授業を繰り返していきました。
 Photo
 矛盾するようですが、教師自身が良い問いを発しながら、子どもたちにそれができるような授業を教科を超えながら実践していったと言えばよいでしょう。
 半年はかかったと思います。そして、2月の研究発表会をむかえることになりました。(つづく)

|

2017年7月 5日 (水)

忘れられない言葉5

 そんなとき、有田和正先生の授業を思い出しました。有田先生は、大名行列の絵を黒板に貼っただけ。その後は、子どもたちが次々と問いを発するのです。
 「この大名は、親藩・譜代・外様のどれなんだろう?」
 「春・夏・秋・冬のどの季節だろう?}
 このような問いが次々と出されていき、有田先生はそれを板書していきます。
 しばらくすると、今度は、子どもたちから、その答えが出されていきます。
 「資料によると、譜代・外様の場合は土下座をする必要がないので親藩です。」
といった具合です。
 有田先生は、「すごいなあ。よく調べたなあ。」とほめて、それもまた板書していきます。
 それだけで、授業が終わったのです。
Photo
 子どもたちは自ら問いを立てて、自力で解決していく。これこそが、私が求めていた子どもの姿だったのです。
 有田先生の有名な言葉があります。「授業は布石の連続」。
 その布石とは何か。そのことをを追究することになっていきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

忘れられない言葉4

 「こんな授業をしてほしくない!」
という言葉の後に、その教務主任の先生は次のように語りました。

 「教師がお膳立てをしたレールの上を子どもたちが乗っかっていくような授業は、研究発表会ではしてほしくない!」

 きっぱりと断言された力強い言葉でした。
 私は、「では、教師がお膳立てしない授業とはどういう授業なのか」という反論をしたかったのですが、その時間もなく、悔しい思いがふつふつと沸き上がっていったのです。

 それから次の週、私は悔しさに身を任せて、新しい指導案を書いて職員室のすべての先生方の机の上に置いていきました。自主的な研究授業をやったわけです。別の教材で、教師が指示・発問をしないで自由に鑑賞ができるかどうかを試すという実験的な授業でした。今、思えば「どうせできないだろう」という気持ちがあったわけですから、とんでもなくひどい教師だったと思います。

 題材は、ピカソの「ゲルニカ」。最初のうちこそ、「こわい」「気持ちが悪い」という感想で盛り上がったのですが、やはり解釈までは行き着きませんでした。その研究授業を見に来た先生方もほんの数人でした。
 その日の授業研究会を図工室で開くことにしました。その研究会に参加してくれた先生は一人だけ。あの教務主任の先生でした。

 その教務主任の先生と、夕方の図工室で授業論について語り合うことになったのです。その先生は、おだやかな表情で自分の理想とする授業について語ってくれました。それは、「子どもたちが問いを発して、自ら考えていくような授業」です。
 たしかに、私の授業は教材も指示・発問も教師が準備してきたものです。子どもが問いを発したものではありません。1時間の授業としては成立しますが、自ら問いを出して考えていくような子どもを育てるという観点では、決して良いとは言えないわけです。私の「授業観」が、キュッという音をたてて磨かれたような感覚を覚えた瞬間でした。

Photo

 それからは、子どもたちが問いを発するような授業を目指していくことになったのです。(つづく)

|

2017年6月21日 (水)

忘れられない言葉3

 「一生懸命にやっているのに、どうして怒鳴られなくてはならないのだろう」という疑問は、それからずっと自分につきまとっていきます。つまり「一生懸命にやっていても良くないことはあるのだ」という「教訓」として心の奥底に残っていったのです。
 今ふりかえってみれば、怒鳴った先輩の気持ちは分かるような気がします。教育技術を獲得していくことが教師の学びであると思い込んでいた私が生意気に感じたのでしょう。
 教育技術は確かに有効に働くこともありますが、授業のねらいが変わり、子どもが変わり、教材が変われば、逆効果になってしまうこともあるでしょう。その当時の私はそれが分からなかったのだと思います。ある意味で、下の漫画の夏村ひかる先生のようにいい気になっていたのかもしれません。

Photo

 それから、3つの学校を異動しました。そして、教職11年目に伝統的な研究校に赴任しました。そこでは転入してきた教師は4月に研究授業をやらされます。新入り教師のお手並み拝見といったところでしょうか。
 私は、図画工作科の授業をやることにしました。日本の絵画と西洋の絵画を数点ずつ黒板に貼り、その違いを比較するという「比較鑑賞」の授業です。これは以前の学校でもやったことがあり、ほぼ間違いなくスムーズに展開する授業です。子どもたちもたくさん発言をして、授業もうまくまとまりました。

 さて、いよいよ授業研究会です。さすがに研究校らしく、先輩の教師たちからは様々な質問や批判的な意見が飛び交いました。しかし、私も自信がありましたので、質問には的確に応答し、批判には反論をしていきました。
 その授業研究会がなんとかうまく終わろうとしていたときのことです。最後の最後になって、当時の教務主任の先生が、厳しい表情で次のように言ったのです。

「こんな授業はしてほしくない!」

 この言葉も強烈に心に残りました。あのときの教務主任の先生の表情や周囲の光景まで今でもくっきりと心に刻まれているのです。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

教育セミナー【学び続ける教師と学校】7月2日(日)博多

 『変わる学校、変わらない学校』の著者である妹尾昌俊氏(文科省学校業務改善アドバイザー)と前田康裕氏のコラボセミナーが福岡で開催されます。 『変わる学校、変わらない学校』は本当に面白い本です。
 目次だけ拾ってみましょう。
第1章 学校教育の悪循環と好循環
第2章 学びのプロとしての教職員と学習する学校
第3章 組織になりきっていない学校
第4章 学校づくりの成功と失敗の分岐点
第5章 「多忙化」から日本の教育が見える
第6章 到達目標の共有
第7章 プロセスの設計
第8章 チーム・ネットワークづくり
 学校外の客観的な視点で学校の問題点を浮き彫りにしているところが素晴らしく、読んでいて納得することが多くあります。一読をおすすめします。
 その著者である妹尾さんから直接お話が聞けるセミナーです。しかも、最後はトークセッション・ワークショップとなっています。参加者からの質問や意見も交えられるところが面白そうですよね。滅多に無い企画ですので、ぜひおこしください。
http://www.kokuchpro.com/event/ac944abd9fe56018d2eef32edeaed2cd/
Fb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

忘れられない言葉2

 「授業を真剣に考えていない」という批判の言葉と、「真剣に考えていました」という応援の言葉は、私を大きく変えたような気がします。
 それ以来、私はさらに勉強するようになりました。学校から帰宅したら、すぐに夕食をとり、入浴の後は夜中の2時くらいまで教材研究と読書をするようになりました。その頃に獲得した教育技術はかなりの量だったと思います。
 自宅に若い先生たちを集めてサークル活動もスタートしました。県外で行われる研究会にも積極的に参加していましたので、給料のほとんどは本代と研究会への参加費に消えていきました。まさに、がむしゃらにやっていた時期だったと言えましょう。そうやって教育技術を獲得することが面白くてたまらなかったのです。

 そんな教職3年目の出来事でした。学校の宴会の後の3次会で、40代の先輩の先生と若い先生たち数名でラーメン屋に行ったときのことです。話題がサークル活動になったときに、その先輩が私に向かって怒鳴ったのです。

「おまえは生意気だ!」

 店中に響くような大きな声だったので、時間が止まってしまったような気になったことを覚えています。大学を卒業してから、人から怒鳴られた経験がなかったので、正直どうしていいのか分からず、ただ先輩の顔を見て黙るしかありませんでした。
 真夜中にアパートにもどったら、涙が出てきました。「一生懸命にやっているのに、どうして怒鳴られなくてはならないのだろう」という悲しい思いでした。

 その次の日、学校で、同じ場所にいた仲間が「山高ければ、風強し。気にするな。」と声をかけてくれたことを今でも覚えています。そし、その先輩も私のところにきて「昨晩は怒鳴ってしまってすまなかった」と頭を下げてあやまってくださいました。
 しかし、この強烈な体験もまた私を変えていくことになったのです。(つづく)

|

«忘れられない言葉1