« 新卒教師の学びとは?1 | トップページ | 上條晴夫著「理想の授業づくり」 »

2017年4月28日 (金)

新卒教師の学びとは?2

 新卒教師が方法論を獲得するためにがむしゃらに学ぶことは必要なことです。そうしないと授業が成立しないからです。
 問題なのは、実践家が考えた方法をベストだと思い込むことです。特に著名な実践家だと、その方法を疑わなくなります。
 実践家は教材の本質をしっかりと理解してまいます。また、日頃の問題の捉え方が異なります。だから、日常的に子どもたちに投げかける言葉も異なります。つまり、子どもたちの意識が違うのです。しかし、そうした「見えない部分」は実践記録からでは読み取ることができません。
 そうなると、方法論がうまく当てはまらない状況が発生します。そうなって当然なのですが、新卒教師の場合はそれに気が付きません。方法論が全く無かった時に比べると、授業がうまくなったように感じるので、追試して満足してしまうのです。
 「まんがで知る教師の学び」の中で根津戸健作先生が研究授業で音を聞いた発問をします。それに対して、本人も新卒4年目の夏村ひかる先生も満足しています。教材の本質を掴まないで、「音を問う」という方法論で授業を組み立てた結果です。
Photo

 「セミナーに参加する→方法論を学ぶ→追試して満足する→セミナーに参加する→・・・」
 といったサイクルにはまってしまうと、自分の授業を客観的に見直すことができなくなってしまうのではないでしょうか。
 これが、何年も続いてしまうと、「勉強熱心だけど、学校での評判は良くない」ということになりかねません。(つづく)

|

« 新卒教師の学びとは?1 | トップページ | 上條晴夫著「理想の授業づくり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新卒教師の学びとは?1 | トップページ | 上條晴夫著「理想の授業づくり」 »