« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月26日 (金)

教師の成長7〜ノウイング〜

 松尾睦著『職場が生きる人が育つ「経験学習」入門』(ダイヤモンド社)の中に次の文章があります。

**************************
 ストレッチ系の学ぶ力の背景には「ノウイング」という考え方があります。
 クックとブラウンという研究者は、知識は人から人へと移転されるのではない、と主張します。彼らによれば、人は、他者や書物の知識を「道具として」使用しながら、新しい知識を作りだしているのです。こうした知識を生み出す行為を彼らは「ノウイング(knowing)」と呼んでいます。
(中略)
 企業においてノウイングが危機に瀕しているということでした。具体的には、組織内のノウハウを共有し、業務を効率化するために作られた知識データベースの普及によって、自分の頭で考えなくなる人が増えているのです。
***********************
 教師の世界でも当てはまるのではないでしょうか。効率化のためのマニュアルを作成することは必要なことなのですが、それが一方では「考えない人」を増やすことにもなるのです。誰かが考えた「発問・指示」をそのまま使ってみると、そのときの授業は良くなるのですが、結局は自分で考えなくなるのです。他者から学ぶことは必要なことですが、それを参考にしながら自分の頭で考えることは、もっと必要なことなのではないでしょうか。

Photo  

 授業名人とよばれる教師の授業を見て、表面的に見える「方法」をそのまま真似るのではなく、表面には見えない「理念」こそ学ばなければならないのです。これは、私自身が若いときに、表面的な方法論ばかりを真似して勉強した気になっていたという苦い経験があるからこそ言えるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

教師の成長6〜「教えてくん」の誕生〜

 「教えてくん」という俗語があります。知らないことを自分で考えないで、すぐ誰かに聞いて解決しようとする人を意味します。通常良い意味で使われることはありません。知的な活動を行わないからです。
 「見習い」の時期に、著名な実践家の方法論を真似することが勉強だと信じてしまうと、自分で考えようとはせずに安易に真似をすることで満足してしまうことになりかねません。もっとも、実践家の真似をすることは必要なのですが、それが本当にうまくいったのかどうかを振り返ったり、その方法はどのような授業観でできあがったのかを考えたりすることが重要なのだと思います。
Photo

 教師の世界でも、誰かが考えた「うまい方法」を知ることだけが常態化していくと、自分では一生懸命に勉強しているつもりでも、いつのまにか「教えて君」になっていきます。これは案外と深刻な問題で、何年たっても「教えて君」のままの人は、常に「うまい方法」を知りたがります。こういう人たちは、校内研修でも自分で考えることを好みません。外部の講師からの話を聞いてノートをとりながら、なんとなく分かったような気になって満足します。口癖は「それってどうやればいいんですか?」です。

|

2017年5月24日 (水)

教師の成長5〜見習いの誤解〜

 教師向けセミナーなどで人気講師となるような教師には魅力があります。普通の教師にはない個性があり、実践もずば抜けているからです。著書や雑誌連載などがあれば、そのカリスマ性はますます高まります。このような教師は、多くの若い教師から「憧れの存在」となっていきます。
 見習いの時期には、自分にとって「憧れの教師」をもつことは必要なことだと思います。憧れの教師の実践を追試してみることが多くの教育技術の獲得につながっていくからです。一方、落とし穴もあります。
 教育技術を適用する条件が合致した場合は効果的に作用しますが、そうでない場合は、教育技術を使うことが目的となり逆効果となることもあります。

Photo  
 以前、一人の若い教師がある著名な実践家が行っている方法をそのまま真似している場面を見たことがあります。発達障害のある子どもたちにとっては良いとはいえない方法だったので、その若い教師にその旨を伝えたことがあります。彼は、怪訝そうな顔をし、私の意見を受け入れる様子ではありませんでした。彼の論理としては「あの著名な先生がやっている方法だから間違いない。批判をしている吉良先生のほうが教育技術を理解していないのだ。」ということなのでしょう。
 このようなことは往々にしてあるような気がします。「憧れの教師」を信じるがあまり、一つ一つの教育技術の妥当性まで検討しなくなってしまうようなことです。どんなに優れた教師であっても、完全無欠な人はいないはずです。ある部分は得意であっても、別の部分では不得意なこともあるでしょう。
 名言に「師の跡を求めず、師の求めたるところを求めよ。」という言葉があります。(原文は、芭蕉の「古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。」という説があります。)師匠の安易な真似ではなく、師匠が理想としたものを見極めてそれに向かうことが必要なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

教師の成長4〜見習い〜

 前回で紹介した本の著者である松尾睦氏は次のように述べます。

***********************

 ここでいう初心者とは、その世界に入ったばかりの新人で、職場で何が起こっているのかがわからない状態の人です。見習いになると、ようやく状況をつかむことができるようになりますが、まだ先輩や上司の指導が必要なレベルです。

***********************

 教師の世界であれば、初任2年目3年目が「見習い」のレベルだと言えましょう。この時期はまだ初任1年目から同じ学校で勤務していることが多いので、初心者と同じ気持ちを維持できるでしょう。また、周囲の教師もまだ「新任の教師」として扱ってくれますし、指導もしてくれます。
 この時期の教師は1年の学校のサイクルが分かったので、見通しをもって仕事が進められるようになります。また、研究会や研修会、読書などで得てきた教育技術をそのまま適用すると自分の授業が改善できるので、勉強が面白く感じられます。まさに、どんどん吸収して、自分の成長を実感していく時期だと言えましょう。
Photo_2
 教師向けセミナーや書籍、インターネット等で教育技術を獲得していくと自分が成長できることを実感していくので、「見習い」の時期では、このような学ぶ場と手段が必要となります。しかし、この「教育技術をたくさん身につけることが教師の勉強」だと思い込むことが逆に教師の成長にストップをかけてしまうことにもなるのではないでしょうか。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

教師の成長3〜経験から学ぶ力のモデル〜

 松尾睦著『職場が生きる人が育つ「経験学習」入門』(ダイヤモンド社)という本があります。

 その著者松尾睦先生は以下のように述べています。
*************************
 適切な「思い」と「つながり」を大切にし、「挑戦し、振り返り、楽しみながら」仕事をするとき、経験から多くのことを学ぶことができる。
*************************
 そして、松尾先生は「「挑戦し、振り返り、楽しむ」という三要素を「ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント」というキーワードで表し、次のように述べています。

*************************
 ストレッチとは、高い目標に向かって挑戦する姿勢を、リフレクションとは、「何かアクションを起こしている最中やアクション後に、何が良くて何が悪かったかにちて振り返ることを、エンジョイメントとは、やりがいや意義を見いだして、仕事を楽しむことを指します。
 これら三つの要素は、自分が持っていない知識やスキルを獲得することを促します。そして、三つの要素を高める原動力となるのが「思い」と「つながり」です。「思い」とは、仕事をする上で大事にしている考え方や価値観であり、「つながり」とは、他者との関係性です。
*************************

 さて、初心者が基本的な仕事の進め方を獲得する時期だとすると、それ以降はまさに、挑戦し、振り返り、楽しむという学び方ができるかどうかにかかっているようが気がします。確かに、意欲とスキルに長けた人は、常に新しいことに挑戦していますし、その記録を残して省察しています。そして、それ自体を仲間とともに楽しんでやっています。だから、学ぶことが楽しくてしょうがないのだと思います。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

教師の成長2〜初心者から先のステップ〜

  初心者は独身の方も多く家族のために時間をとられることも少ないので、がむしゃらに勉強ができます。学級経営や授業方法の書籍を読んだり、夕方や土日の研究会に参加することもあるでしょう。「やり方」を身につけないと、仕事そのものが成立しないからです。もしも、この時期に勉強をしないような初心者であれば、先の見込みはないと言えます。

Photo_2

 

 事実、初任者研修に参加している先生方を見ていると意欲にあふれていまし、表情も明るい人が多いです。その意味では、初心者は皆同じレベルにいると言えるかもしれません。しかし、十年経験者研修の先生方を見ると、意欲とスキルに明らかに差がついています。十年の間に学び続けるための資質・能力を高めてきた人とそうでない人とでは大きな差が出てしまうのです。これは、初心者から先のステップが大きく影響を及ぼしていると言えます。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

教師の成長1〜初心者〜

 こんにちは。吉良良介です。
 教師の成長について書き記しておきたいと思っています。まずは初心者から。
 ここでいう初心者とは、教師としての基本的な仕事の進め方について先輩や管理職から指導を受けているような段階です。1年目の時期がこれにあたります。この時期は、授業の進め方も問題への対応もよく分からずに学校の中で右往左往していることが多いものです。はじめのうちは失敗だらけですが、体験や指導によって、少しずつ状況が見えるようになって手際がよくなっていきます。

0

 この時期に手本となるような優れた先輩教師に出会うと、教師の成長は加速します。先輩の「学び方」を学ぶからです。私自身も初任者の頃は、2年目3年目の先輩教師が同じ学校の中にいて様々なことを教えて下さいました。そう考えると、初心者が誰に出会うかということは極めて重要な要因となるのでしょう。初任者担当指導教諭という役職ができたのも、そのような理由があるのだと思います。その意味では、最近の若い先生方の授業技術は高いと感じています。
 しかし、その若い教師がずっと学び続けられるかどうかは別の要因が含まれます。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

ワークライフバランス

 こんにちは。吉良良介です。
 最近、ワークライフバランスという言葉をよく聞くようになりました。この言葉は「無理しないように、ほどほどに働こう」「仕事を忘れて私生活の時間を増やそう」という意味ではありません。
 (株)ワークライフバランス代表取締役である小室淑恵さんは次のように言います。
 ワークライフバランスの言葉で言えば、『ライフ』の場でのインプットが、『ワーク』の場でのアウトプットのために必要不可欠なのです。にも関わらず、『ライフ』の時間をまったく確保できず、アイデアの引き出しは空っぽ、という状態の人が大勢集まって『ワーク』をしているのが、今の日本企業の現状です。」
(小室淑恵『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター))
 重要なことは、読書をしたり、勉強会に行ったりして、自らを磨くための時間は「ライフ」に位置付けてあるということです。つまり、「ライフ」を充実させることが、実は「ワーク」を充実させることにつながるというわけです。
 考えてみれば、私が新任教師だった頃は、午後6時過ぎには学校を出て夕食・入浴の後は教育書をずっと読んでいました。また、教材研究も深夜までやっていました。まさに、仕事のためのインプットをやっていたのですが、ちっとも苦しみを感じませんでした。勉強すればするほど、授業が充実するからです。
 今の学校は、あまりにもやることが増えており、教師のインプットに必要な「ライフ」の時間が無くなっています。しかし、「ライフ」の時間があったとしても、本人に「インプット」の意識が無ければ、精神的な充実感を得ることはできないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

読書術 その10

その10:少し難しい本を読み切る
 自分にとっては少し難しい本でも最後まで読み切ることが重要だと思っています。もちろん、どの本を難しいと感じるかは人によって異なります。言葉が難しかったり、量が多かったりすれば、読む意欲が失せることもあるでしょう。だから、「少し難しい」というところがポイントです。
 読書会のように読まざるを得ない状況で、なんとか難しい本を読み切ってみると、高い山の頂上に立ったような爽快感があります。そして、高い山に慣れると低い山に苦痛を感じなくなるように、通常の本はすらすらと読めるようになるものです。そうなると、読む速さも量も増えていきます。
 その意味では登山も読書も似ているかもしれません。

|

2017年5月11日 (木)

読書術 その9

その9:トニー・ブザン著『マインドマップ読書術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
 「まんで知る教師の学び」でも紹介されている本です。マインドマップを描きながら本を読むのがこの本のテーマなのですが、半分以上は4倍速で読書をする方法が書かれています。もちろん、本当にそうなるためには、それなりの練習は必要ですが、意識するだけでかなり速く読めるようになります。

 マインドマップ読書術は、キーワードを選んでメモするという方法をとりますが、これは読書に限らず、講義録でもアイデアメモでもあらゆる場面に使える方法です。今の私は全てのノートをマインドマップで書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

読書術 その8

その8:齋藤孝著「大人のための読書の全技術」(中経出版)
 「読書術」関連の本はたくさん出ているのですが、齋藤孝さんの「大人のための読書の全技術」という本は読み応えがありました。
Photo
 齋藤さんの読書術の集大成とも言えるこの本からは教えられることばかりです。この中に「SNSの時間を制限する」という部分があります。SNSは自分と同じレベルの人とのやりとりである「水平的コミュニケーション」であるのに対して、読書は、偉大な著者の言葉に触れて、自分の思考力が高まり、強靱な精神力が鍛えられる「垂直次元の思考」を促すとあります。納得がいく言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

読書術 その7

その7:読書会を開催する
 気の合う仲間と一緒に読書会をやりましょう。仲間同士で、休みの日にわいわいと本の内容について語り合うのは本当に楽しいものです。大切なことは、会の目的を決めることだと思っています。私がやっている読書会は、退職後の人生を豊かに生きるための準備を行うことが目的です。毎月1回、日曜日の午前9時から11時30分まで集まります。メンバーは7人。全員が50代の男女です。
 課題図書は現在のところ私が決めることにしています。「これはおすすめ」と自信をもって推薦できる課題図書を決めるためには、私自身がかなり本を読んでおかなければなりません。これはある意味でプレッシャーにもなっていますが面白くもあります。最近の課題図書としては「LIFE SHIFT」「スタンフォードの自分を変える教室」「マネジメント」などです。あえて教育書を選びません。また、ハウトゥものも選びません。著者の考え方や自分の生き方を学べるような本を選んでいるつもりです。
 9時に集まったら、未読の人のために1時間15分は黙読の時間をつくります。読んできた人は再読したりマインドマップを書いたりします。15分ほど休憩をしたら、残りの1時間は、本についての意見を語り合います。ただし、感想を言うだけではなく、「今後どのような行動ができるか?」ということまで考えて語り合うことにしています。「Read for Action」といいます。心が豊かになる至幸のひとときです。

|

2017年5月 7日 (日)

読書術 その6

その6:読書マインドマップをつくる
 良書を読んだとしても、しばらくたつと、その内容を忘れてしまいませんか。人間の記憶はそれほど長続きはしないものです。そこで、読書マインドマップをつくることにしています。
 マインドマップのこつは1枚にまとめることです。1枚にまとめておくと、全体を思い出すことができます。自分だけが思い出せればいいのですから、キーワードだけを書き留めます。例にあげたのは、コヴィーの「七つの習慣」です。7つの習慣が何だったのかを思い出せればいいので、この程度でいいのです。付箋紙をはがしながら、言葉をできるだけ短くして描いていくと、大体1時間程度で完成します。色をつけたりすると、なんだか楽しい気分になります。私はA4のノートに見開きで作成しますのでA3の大きさになります。これをスキャナーでPDF化していますから、スマホでもタブレットでも見直すことができます。バスの待ち時間などのちょっとした時間に眺めてみると楽しいものです。Photo

|

2017年5月 6日 (土)

読書術 その5

その5:読書の目的を決める
 本によって目的を決めます。たとえば、単に情報を集めるだけの場合と、内容を覚えておきたい場合とでは、本の読み方が変わってくるからです。
 前者の場合は、かなり速く読むことができます。たとえば、情報モラル教育についての原稿を書くといった目的がある場合は、それに関連した本のエキスだけを拾えばよいことになります。だから、本を見開きながらキーワードになりそうな言葉だけを拾っていきます。役に立たないと判断した箇所は読まなくてもかまわないわけです。そう割り切ると、かなり早く本を読むことが可能です。25mm×7.5mmの小さな付箋紙をキーワードになるところに、どんどん貼って読み進めていきます。新書だと1時間もあれば十分に読了できます。
 後者の場合は、内容を覚えておくことが目的となるので、読んだ後にマインドマップにします。目次を見て本の全体を把握します。特に重要なところは自分が一番興味・関心があるところですから、場合よっては熟読することもあります。それ以外の場所もさっと目を通します。例えれば、ヘリコプターで山全体の地形を把握して目的地を確認した後に、地上から歩いて目的地に直行していく感じです。(これが小説だと正反対の読み方になります。全体の把握などしないほうが良いのです。)
 本を読むには時間が必要です。最小限の時間で最大限の効果をもたらす読み方が必要なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

読書術 その4

その4:「読書の時間」を決めておく
 「忙しいので本を読む時間がない」とつぶやく人がいます。本当にそうでしょうか。その人は、本を読む時間よりも別のことにかける時間を優先しているのです。真剣に本を読みたいと思っていたら、いつでもどこでも読めるはずです。本を読む時間を最優先するか、しないかの違いだと思います。
 ロリー・バーデン著「自分を変える1つの習慣」(ダイヤモンド社)では、「習慣の力」の偉大さが述べられている良書です。著者は「成功者とは、目標を達成するために、面倒くさいことや気が進まないことでも、我慢して実行できる人である。」と述べ、そして、すみやかに実行するためには物事を習慣化せることだと主張します。
 私の場合は、朝起きてすぐに本を読むようにしています。30分もあれば、けっこうの量が読めます。もちろん、長い時間をかけてまとめて読むこともあります。大切なことは、一日の生活の中に「読書の時間」を位置付けておき、それを習慣化することではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

読書術 その3

その3:本を買ったらその日に捌く
 本を買ってきたら、すぐに熟読はしません。そんな時間が確保できないからです。かといって、放っておくこともしません。まずは、本の目次をめくって、本の内容を俯瞰します。そして、どんなことが書いてあるのかを全体をぱらぱらと眺めておきます。面白そうなところが見つかったら、ちょっとだけ読んでおきます。そうすると、「わくわく感」が残ります。この「わくわく感」が大切です。そして、残っている状態で「読みたい本が並んでいる本棚」に入れておきます。私は、この状態にすることを「本を捌く(さばく)」と呼んでいます。
 この本棚は机のすぐ横に置いてありますので、常に見えることになります。「わくわく感」がありますから、すぐに読みたくなるのです。眺めているだけでも、わくわくしてしまいます。本を読むと著者のものの見方や考え方がどんどん脳の中に染み渡っていくような快感があるからです。

|

2017年5月 3日 (水)

読書術 その2

その2:人が推薦する本は買う
 いわゆる読書家といわれる人たちが推薦する本は買います。様々な本を読んだ中での一冊なので、大抵は面白い本が多いのです。特にビジネス書は、自分の狭い経験の範囲では得られなかった視点が手に入ります。
 たとえば、マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著『さあ、才能に目覚めよう』は、あるメールマガジンで推薦されている本でした。この本を読むことで「自分の強み」を知ることができます。そして、その強みを生かすことで、新しいアイデアが思いつくようになりました。また、松尾睦著『職場が生きる人が育つ「経験学習」入門』は、尊敬する先生が推薦された本でした。この本には、著者が経営学や心理学の研究を下敷きにし、優れたマネージャーのインタビュー調査から導き出した結論が書かれています。この本を読むことで「経験から学ぶ力」を身につけることができました。
 自分の興味・関心の範囲なんて本当に狭いものです。ネット書店だと、その範囲を飛び出すことができません。しかし、他人の推薦だと思いもつかなかった本に出会うことができます。これは幸せなことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

読書術 その1

 こんにちは。吉良良介です。
 多忙な状態が続いていくと、インプットができなくなります。特に読書の時間は意識的に確保しないと、ずっと読書をしないままになってしまいます。そうなると、教師の授業実践は痩せていくのではないでしょうか。
 そこで、私の読書術について書きたいと思います。
その1:迷ったら買う
 書店やネット通販などで、なんとなくほしいなと感じる書籍に出くわすことがあります。こういう場合は、まず間違いなく買うことにしています。特に教育書は一般のビジネス著に比べると高いです。2000円前後になりますので躊躇してしまうこともあります。しかし、「迷ったら買う」というルールを決めておくと、ためらいがなくなります。
 なぜ、このようなルールを決めたかというと、「その本が後から必要になる」ということがよくあるからです。たとえば、なんとなく興味があったワークショップ関連の書籍を数年前から数冊ずつ買っていたことがありました。買った当時はたいして読むこともなく本棚に積んでいたのですが、数年後自分がワークショップを担当することになって、その数冊をまとめて読み直すということになりました。すると、買った当時は気づかなかった著者の考え方やものの見方がすっと分かるようになっていたのです。もしも、それらの本を買っていなければ、後悔することになっていたでしょう。
 読み手である自分も変化します。立場や状況が変われば、興味関心も考え方も変わります。変化する将来の自分のために資料を残しておくという意識で本を選ぶということも必要だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

研究主任がつらい理由

 こんにちは。吉良良介です。
 研究主任ってつらいと思いませんか。私は何度も研究主任をやりましたが、なかなか「うまくできた」という経験がありません。どうして、研究主任ってつらく感じるのでしょう。その理由を考えてみました。
 まず、その一つ目は、自分がまず研究テーマについて勉強しないとならないということです。そうでないとリーダーシップを発揮することができません。たとえば、次期学習指導要領のキーワードである「主体的・対話的で深い学び」について、研究主任がまったく勉強していなければ、先生方も安心してついていくことはできないでしょう。ただでさえ忙しい日常の業務に加えて勉強するには、プライベートな時間を削ることになります。また、研究会に参加したり本を買ったりすれば、それなりに費用もかかってしまいます。だから、研究主任は「勉強好き」でないと務まらないのです。
 二つ目は、研究を先生方にやってもらわなければならないということです。自分が勉強して授業実践をやる分に関しては意欲的にできるとしても、他の人たちにそれをやってもらうためにはお願いをしなくてはなりません。研究熱心な先生方ばかりだといいのですが、そうではない先生方もいるので、当然温度差が生じます。研究授業の依頼をすると「研究授業をやることで負担が増えます」「自習が増えると学級が落ち着かなくなります」などと反対されてしまいます。また、研究テーマに沿った形で授業方法を提案すると、「それって、絶対やらなくてはならないんですか?」などと不満を言われることもあるでしょう。同僚から、反対されたり、不満を言われたりすると、心が折れてしまいます。

Photo

 そして、三つ目は、成果が問われるということです。そもそも、研究の目的は「問題の解決」ですので、どのような問題がどのように解決されたのか、という研究の成果を出さないと何を研究したのかが曖昧になってしまいます。学校によっては、教育論文という形で成果物をつくるところもあるでしょう。そのためには、子どもたちの実態調査などをすることになります。学校によっても異なりますが、5月くらいに研究主任から学校全体の研究テーマの提案があって1回目の実態調査をとることになるでしょう。教育論文を書くためには、11月には2回目の実態調査をとり比較したりしますが、わずか6ヶ月でそう簡単に実態が好転することはないでしょう。だから、わずかな「伸び」で成果を語ることになってしまうので、どうしても教育論文は「問題は解決したのか」ということよりも、「こんな授業実践をやりました」という「実践報告」の内容が多くなってしまうのです。論文を書くために膨大な時間と労力をかけたにも関わらず、書き上げたものへの満足度は低く感じられてしまいます。
 とまあ、こんなことを考えてみましたが、研究主任の経験がある先生方、いかがでしょうか。

| | コメント (2)

« 2017年4月 | トップページ