« 教師の成長6〜「教えてくん」の誕生〜 | トップページ | 教師の成長8〜一人前〜 »

2017年5月26日 (金)

教師の成長7〜ノウイング〜

 松尾睦著『職場が生きる人が育つ「経験学習」入門』(ダイヤモンド社)の中に次の文章があります。

**************************
 ストレッチ系の学ぶ力の背景には「ノウイング」という考え方があります。
 クックとブラウンという研究者は、知識は人から人へと移転されるのではない、と主張します。彼らによれば、人は、他者や書物の知識を「道具として」使用しながら、新しい知識を作りだしているのです。こうした知識を生み出す行為を彼らは「ノウイング(knowing)」と呼んでいます。
(中略)
 企業においてノウイングが危機に瀕しているということでした。具体的には、組織内のノウハウを共有し、業務を効率化するために作られた知識データベースの普及によって、自分の頭で考えなくなる人が増えているのです。
***********************
 教師の世界でも当てはまるのではないでしょうか。効率化のためのマニュアルを作成することは必要なことなのですが、それが一方では「考えない人」を増やすことにもなるのです。誰かが考えた「発問・指示」をそのまま使ってみると、そのときの授業は良くなるのですが、結局は自分で考えなくなるのです。他者から学ぶことは必要なことですが、それを参考にしながら自分の頭で考えることは、もっと必要なことなのではないでしょうか。

Photo  

 授業名人とよばれる教師の授業を見て、表面的に見える「方法」をそのまま真似るのではなく、表面には見えない「理念」こそ学ばなければならないのです。これは、私自身が若いときに、表面的な方法論ばかりを真似して勉強した気になっていたという苦い経験があるからこそ言えるのかもしれません。

|

« 教師の成長6〜「教えてくん」の誕生〜 | トップページ | 教師の成長8〜一人前〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/65329441

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の成長7〜ノウイング〜:

« 教師の成長6〜「教えてくん」の誕生〜 | トップページ | 教師の成長8〜一人前〜 »