« ワークライフバランス | トップページ | 教師の成長2〜初心者から先のステップ〜 »

2017年5月17日 (水)

教師の成長1〜初心者〜

 こんにちは。吉良良介です。
 教師の成長について書き記しておきたいと思っています。まずは初心者から。
 ここでいう初心者とは、教師としての基本的な仕事の進め方について先輩や管理職から指導を受けているような段階です。1年目の時期がこれにあたります。この時期は、授業の進め方も問題への対応もよく分からずに学校の中で右往左往していることが多いものです。はじめのうちは失敗だらけですが、体験や指導によって、少しずつ状況が見えるようになって手際がよくなっていきます。

0

 この時期に手本となるような優れた先輩教師に出会うと、教師の成長は加速します。先輩の「学び方」を学ぶからです。私自身も初任者の頃は、2年目3年目の先輩教師が同じ学校の中にいて様々なことを教えて下さいました。そう考えると、初心者が誰に出会うかということは極めて重要な要因となるのでしょう。初任者担当指導教諭という役職ができたのも、そのような理由があるのだと思います。その意味では、最近の若い先生方の授業技術は高いと感じています。
 しかし、その若い教師がずっと学び続けられるかどうかは別の要因が含まれます。(つづく)

|

« ワークライフバランス | トップページ | 教師の成長2〜初心者から先のステップ〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/65289518

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の成長1〜初心者〜:

« ワークライフバランス | トップページ | 教師の成長2〜初心者から先のステップ〜 »