« 読書術 その6 | トップページ | 読書術 その8 »

2017年5月 8日 (月)

読書術 その7

その7:読書会を開催する
 気の合う仲間と一緒に読書会をやりましょう。仲間同士で、休みの日にわいわいと本の内容について語り合うのは本当に楽しいものです。大切なことは、会の目的を決めることだと思っています。私がやっている読書会は、退職後の人生を豊かに生きるための準備を行うことが目的です。毎月1回、日曜日の午前9時から11時30分まで集まります。メンバーは7人。全員が50代の男女です。
 課題図書は現在のところ私が決めることにしています。「これはおすすめ」と自信をもって推薦できる課題図書を決めるためには、私自身がかなり本を読んでおかなければなりません。これはある意味でプレッシャーにもなっていますが面白くもあります。最近の課題図書としては「LIFE SHIFT」「スタンフォードの自分を変える教室」「マネジメント」などです。あえて教育書を選びません。また、ハウトゥものも選びません。著者の考え方や自分の生き方を学べるような本を選んでいるつもりです。
 9時に集まったら、未読の人のために1時間15分は黙読の時間をつくります。読んできた人は再読したりマインドマップを書いたりします。15分ほど休憩をしたら、残りの1時間は、本についての意見を語り合います。ただし、感想を言うだけではなく、「今後どのような行動ができるか?」ということまで考えて語り合うことにしています。「Read for Action」といいます。心が豊かになる至幸のひとときです。

|

« 読書術 その6 | トップページ | 読書術 その8 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事