« 読書術 その3 | トップページ | 読書術 その5 »

2017年5月 5日 (金)

読書術 その4

その4:「読書の時間」を決めておく
 「忙しいので本を読む時間がない」とつぶやく人がいます。本当にそうでしょうか。その人は、本を読む時間よりも別のことにかける時間を優先しているのです。真剣に本を読みたいと思っていたら、いつでもどこでも読めるはずです。本を読む時間を最優先するか、しないかの違いだと思います。
 ロリー・バーデン著「自分を変える1つの習慣」(ダイヤモンド社)では、「習慣の力」の偉大さが述べられている良書です。著者は「成功者とは、目標を達成するために、面倒くさいことや気が進まないことでも、我慢して実行できる人である。」と述べ、そして、すみやかに実行するためには物事を習慣化せることだと主張します。
 私の場合は、朝起きてすぐに本を読むようにしています。30分もあれば、けっこうの量が読めます。もちろん、長い時間をかけてまとめて読むこともあります。大切なことは、一日の生活の中に「読書の時間」を位置付けておき、それを習慣化することではないでしょうか。

|

« 読書術 その3 | トップページ | 読書術 その5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/65237145

この記事へのトラックバック一覧です: 読書術 その4:

« 読書術 その3 | トップページ | 読書術 その5 »