« 教師の成長10〜記録すること〜 | トップページ | 授業研究会で心がけていること2〜授業観を知る〜 »

2017年6月 8日 (木)

授業研究会で心がけていること1〜傾聴する〜

 こんにちは。吉良良介です。
 研究授業の後に授業研究会というものがあります。授業について様々なことが議論されるわけです。以前は、けっこう厳しい意見を言い合うこともありましたが、最近はそうでもなさそうです。私自身は厳しい意見を言われてきた経験がありますので、自分が批判されるのは慣れているのですが、あまり厳しい意見を言われてしまうと凹んでしまう教師がいるからかもしれません。授業研究会の目的や授業者によって、意見の厳しさに差をつけることが必要なのでしょう。
 また、少人数のグループに分かれてモゾウ紙に付箋紙を貼り付けながら議論する「ワークショップ型授業研究会」なども、かなり前からやられています。この方法は、全ての教師が議論に参加できるという長所もありますが、全体で討議する時間とのバランスが悪いと、論点が拡散してしまうという欠点もあります。司会の力量にかかっていると言えましょう。

 どんな研究会であっても、私自身が心がけていることがあります。
 まず、第一に、授業そのものだけではなく、「授業に対する意見」についても考察するようにすることです。たとえば、「今日の教材は子どもには難しかった」という意見が出た場合、「難しいと感じる要因は何か?」と考えます。「語句」によるものなのか、「子どもの発達段階」によるものなのか、「付随する発問」なのか、と考えていくわけです。
 したがって、授業研究会の最初の段階では黙って他の人の意見を聞いていることが多いです。出てきた意見をマインドマップ方式でメモしていくと、本時の中心的な話題がどこに集中しているのかが見えてきます。
Photo  
 漫画の中で私は寝ているように見えるのですが、実は剣田先生の意見を聞きながら「教材研究の甘さ」の要因は何なのかと考えているわけです。そうすると、「教材研究が甘いからダメな授業なんだ」ということではなく、「教材研究の甘さの要因は、授業者が自分自身で教材の解釈を行っていないからだ。」というふうに考えられるようになります。それは、自分自身を見つめ直すことにもつながります。

|

« 教師の成長10〜記録すること〜 | トップページ | 授業研究会で心がけていること2〜授業観を知る〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事