« 教師の成長8〜一人前〜 | トップページ | 学び続ける教師と学校セミナー7月2日(日) »

2017年6月 2日 (金)

教師の成長9〜キャリアプラトー〜

 セミナーや書籍といった外部の情報から学ぶことは極めて重要なことであり、教師にとっては不可欠なことではあります。しかし、自分の経験から学ぶこともやっていかないと、自分の授業のまずさに気づかないままになってしまいます。
 一人前になったとはいえ、そこから先の成長がストップするような状態です。4年目から10年目の間がこれにあたります。10年経験者研修までのこの時期の学び方が後々の教師の成長に大きな影響を与えるのですが、案外と意識されていないように感じます。
Photo
 外部情報から学ぶことが状態化されてしまうと、ある一定のレベルで自己満足に陥るからかもしれません。自分としてはけっこう学級経営もしっかりできるし、授業もひととおり流せるようになってきた、という感覚です。
 このような状態をキャリアプラトーとよび、本人はがんばっているのに成長は止まってしまうことになります。現状維持で満足していては、教育方法は形骸化し、技能は相対的に劣化してしまうのです。
 教師を10年以上もやっているのに、授業は初任者とほとんど変わらないという方もいるのではないでしょうか。あるいは、若いときのほうが授業が良かったという方もいませんか。

|

« 教師の成長8〜一人前〜 | トップページ | 学び続ける教師と学校セミナー7月2日(日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/65358706

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の成長9〜キャリアプラトー〜:

« 教師の成長8〜一人前〜 | トップページ | 学び続ける教師と学校セミナー7月2日(日) »