« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月 5日 (水)

忘れられない言葉5

 そんなとき、有田和正先生の授業を思い出しました。有田先生は、大名行列の絵を黒板に貼っただけ。その後は、子どもたちが次々と問いを発するのです。
 「この大名は、親藩・譜代・外様のどれなんだろう?」
 「春・夏・秋・冬のどの季節だろう?}
 このような問いが次々と出されていき、有田先生はそれを板書していきます。
 しばらくすると、今度は、子どもたちから、その答えが出されていきます。
 「資料によると、譜代・外様の場合は土下座をする必要がないので親藩です。」
といった具合です。
 有田先生は、「すごいなあ。よく調べたなあ。」とほめて、それもまた板書していきます。
 それだけで、授業が終わったのです。
Photo
 子どもたちは自ら問いを立てて、自力で解決していく。これこそが、私が求めていた子どもの姿だったのです。
 有田先生の有名な言葉があります。「授業は布石の連続」。
 その布石とは何か。そのことをを追究することになっていきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »