« 忘れられない言葉9 | トップページ

2017年8月13日 (日)

忘れられない言葉10

 私がプロジェクト型の協同学習の理論と方法を学んだのは、1999年にサンフランシスコで行われたCampAppleという研修会です。一週間の研修の中には、コンピュータのスキルアップ講座はもちろん、多くの学習理論のレクチャーが含まれていました。また、最後は参加者全員がプロジェクト型の協同学習を体験するという充実したプログラム。
 参加費用は日本円で約9万円。これは宿泊費や食事代を含むので、決して高いとは言えませんが、日本での教員研修で9万円を超えるところはまれでしょう。サンフランシスコまでの往復航空運賃等を含めると、総額で30万円を超えた研修となりました。

 この研修を受けて以来、私の授業観は激変することになります。
 今までは、

 教師がいかに上手に教えるか

ということのみに興味が集中していたのですが、研修後は

 子どもを良き学習者に育てる

ということにも注目するようになったのです。

 もちろん、教師のパフォーマンスも重要であり、それを否定するものではありません。また、教師の指導技術は必要不可欠なものであり、現状の課題として、それに欠ける教師が多く存在することも事実です。

 しかし、日本の教員研修の多くが、教師側から見た「指導の方法論」に重点を置くのに対して、このCamp Appleでは、子どもたちの側から見た「学習の方法論」に重点を置いていました。
 私にとってCamp Appleは、そもそも授業とは何か、という根本の理念から考えさせられる研修となったのです。

|

« 忘れられない言葉9 | トップページ