無料ブログはココログ

« 協同学習を考える 9 | トップページ | 協同学習を考える 11 »

2007年12月30日 (日)

協同学習を考える 10

〜ジクソー学習 その2〜
(前回からの続き)
5、Give students time to read over their segment at least twice and become familiar with it. There is no need for them to memorize it.
5、学生に少なくとも二回彼らの担当部分を読み終えて、それに精通できる時間を与えてください。彼らがそれを暗記する必要はありません。

6、Form temporary "expert groups" by having one student from each jigsaw group join other students assigned to the same segment. Give students in these expert groups time to discuss the main points of their segment and to rehearse the presentations they will make to their jigsaw group.
6、それぞれのジグソーグループから同じ部分を担当している学生を一人ずつ出して、他の学生を加えた一時的な「専門家のグループ」をつくってください。 これらの専門家のグループに、彼らの担当部分の要点を議論して、彼らが彼らのジグソーグループにするプレゼンテーションをリハーサルする時間を与えてください。

7、Bring the students back into their jigsaw groups.
7、学生を彼らのジグソーグループに戻してください。

8、Ask each student to present her or his segment to the group. Encourage others in the group to ask questions for clarification.
8、それぞれの学生に彼らの担当部分をグループにプレゼンテーションするよう頼んでください。明確にするために、グループの他の人に質問するのを奨励してください。

9、Float from group to group, observing the process. If any group is having trouble (e.g., a member is dominating or disruptive), make an appropriate intervention. Eventually, it's best for the group leader to handle this task. Leaders can be trained by whispering an instruction on how to intervene, until the leader gets the hang of it.
9、プ ロセスを観察しながら、グループからグループを移動して下さい。グループが苦労している(例えば、メンバーが支配的であったり、分裂気味であったりした場合)ならば、適切な介入をしてください。ゆくゆくは、グループリーダーがこの仕事ができるようになることがベストです。リーダーがそのこつがわかるまで、あなたが介入する方法についての指示を話すことによって、リーダーは訓練されることができます。

10、At the end of the session, give a quiz on the material so that students quickly come to realize that these sessions are not just fun and games but really count.
10、セッション終了後、これらのセッションが遊びでもゲームでもなく本当に重要であるものと理解できるようになるために、学生に資料についての小テストを行って下さい。

**********************

 一般的には「ジグソー学習」のイメージは次のようなものだ。
 まず、ジグソーグループ(ホームグループ)の中で一人一人が学習内容の担当部分を割り当てられる。それから同じ担当者同士が集まって一緒に調べたり話し合ったりする。それが終わったら、もとのグループに戻って、学習した内容を共有する。元のメンバーが一度ばらばらになって、また元に戻ることから「ジグソーパズル」にたとえられた。

 しかし、私が興味をもったことは、「教師の適切な介入(appropriate intervention)」と「資料についてのテスト(give a quiz on the material)」である。ここでも、教師の役割が示されている。
 協同学習をうまくすすめるためには「教師の役割」が重要なのである。学習を行うのは学習者であるが、それを設計してうまくマネージメントするのは、教師なのである。(つづく)

« 協同学習を考える 9 | トップページ | 協同学習を考える 11 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985841

この記事へのトラックバック一覧です: 協同学習を考える 10:

« 協同学習を考える 9 | トップページ | 協同学習を考える 11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30