無料ブログはココログ

« 放送番組をチェックする | トップページ | 教育放送番組に要望すること »

2008年3月29日 (土)

学校放送番組とデジタルコンテンツ

 昨日チェックしておいた「知って得する学校放送番組2008」と「使って納得 デジタル教材2008」を視聴した。面白い番組が紹介されていた。
 一つ目は、「見える歴史」。これは好評だった「にんげん日本史」の続編にあたるものだ。歴史のような「現代では体験できな事実」を知らせるのには、放送番組はきわめて効果的だ。スタッフも豪華で驚いた。
 二つ目は、「伝える極意」。手紙やプレゼンの仕方を具体的に教えていく番組だ。私も5年生に「手紙の書き方」を指導した経験がある。教科書だけでは、手紙の「形式」は指導できるが、相手の心にひびく「内容」の指導は難しいと感じた。プロの作家がかかわっているから「内容」の指導も行えそうだ。
 三つ目は、「ヒミツのちからんど」。体育や音楽、図工などの「ちから」を高めるための番組である。以前「アートのちから」を見たことがある。とかく「自由にのびのびと楽しく」といった言葉で指導しがちな図工の指導に「ちから」という視点を取り入れたことが斬新であった。問題は、この番組を
いつ子どもたちに視聴させるかである。
 四つ目は、「土よう親じかん」。これは保護者向きの番組。はじめのテーマが「親の知らない子どものケータイ」というところがいい。これは、保護者会での資料などとして使えるのではないだろうか。

 先週、木原俊行先生から学んだことの一つ「番組を視聴する時間を確保する」ことができた。内容が分かれば活用の意欲がわく。
 課題としては、「番組視聴」が前提となっているので、一般の教師には広がりにくくなっているということである。しかし、番組そのものがデジタルコンテンツとなっているものもあり、それらに関連したものがデジタルの資料となっているものもある。これらを活用できれば、かなり教育方法は広がるはずだ。

 なお、「知って得する学校放送番組2008」の再放送は、4月3日(木)の9時35分から。

« 放送番組をチェックする | トップページ | 教育放送番組に要望すること »

IT授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985755

この記事へのトラックバック一覧です: 学校放送番組とデジタルコンテンツ:

« 放送番組をチェックする | トップページ | 教育放送番組に要望すること »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31