無料ブログはココログ

« 学校放送番組とデジタルコンテンツ | トップページ | プロジェクト学習 その1 »

2008年5月11日 (日)

NHK:理科3年ふしぎだいすき

 現在、ホウセンカとオクラを育てている。子葉が出たところで、「種の中には何が入っているのでしょうか?」と発問を行って、話し合わせた。
 「芽になるところ」「栄養」「はっぱになるところ」などの意見がぞくぞく出てくる。実際に切ってみて観察するのがもっとも効果的なのだろうが、直径2ミリほどの種を切るのは子どもたちには至難の業だろう。

 そこで、理科3年「ふしぎだいすき」を視聴。私は子どもたちが視聴する様子を観察することにした。どこで、子どもたちの興味・関心が高まるのかを調べるためである。

 子どもたちが、特に集中して見ていたのは、やはり「種の中身」であった。課題意識が高かったからであろう。それと、「種が育つ様子を時間を縮めた映像」のところである。種からどんどん芽が出てくる様子は、子どもにとっては新鮮であった。現実では絶対に見られないからだ。
 当然のことではあるが、番組視聴のためには「課題意識」を持たせることを実感した。また、「実際の観察では見られない映像」が子どもたちの興味・関心を高めることも感じた。
 実体験と映像は、相互補完的に学習効果を高める。Rika3nen

« 学校放送番組とデジタルコンテンツ | トップページ | プロジェクト学習 その1 »

IT授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985723

この記事へのトラックバック一覧です: NHK:理科3年ふしぎだいすき:

« 学校放送番組とデジタルコンテンツ | トップページ | プロジェクト学習 その1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30