無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

D-project2 夏セミナー in 札幌

 7月30日は、札幌でD-project2の夏セミナーが内田洋行で開催された。

 ワークショップは、以下の4つに別れた。
 A:静止画コンテンツ作り
 B:ニュース番組作り
 C:コンテンツを活用した授業デザイン
 D:ICTの活用と普及〜マニュアル作り〜
 参加者のスキルや興味関心に合わせて、参加者自身が選べるように配慮されている。このような新しい取組が、会を活性化させると同時に、良い意味で緊張感を生むのだと思う。

 ちなみに、私はBグループのファシリテータを行った。ニュース番組の作成は、授業では毎年のように行ってきたが、教師のワークショップで行うのははじめてだった。どのような時間配分になったのか、忘れないうちにメモをしておこう。
 このグループのテーマは「D-projectワークショップそのものの様子をニュース番組にして、D-pro会長の中川先生に伝えよう」というものである。条件としては、2分前後の長さにすることと、ニュースの中に「笑い」を入れるというものだ。

 9:40〜9:50:学習活動の流れを確認する。
 9:50〜10:00:ホンモノの番組を視聴して、工夫を知る。
 10:00〜11:00:各グループの活動を取材する。
 11:00〜11:30:大まかなニュースの流れを話し合う。
 11:30〜12:00:撮影を行う。
 12:00〜12:30:昼食
 12:30〜13:00:映像をコンピュータに取り込む。
 13:00〜14:00:映像の編集を行いながら、別の映像を撮影して加える。
 14:00〜14:40:映像の編集を行いながら、ナレーションを考える。
 14:40〜15:00:ナレーションを録音する。

 15時からの発表会にぎりぎりセーフという状態であったが、面白い作品ができあがっていた。特に、午後の活動は、一人が編集をしながら、残りの二人が撮影を行うという役割分担がよくできていたと思う。

 D-proのワークショップは、いわゆるコンピュータスキルの向上ためのものではない。ビデオ編集のスキルアップ講座ではないのである。ビデオ編集をチームで行うことを通して、授業設計のあり方を学ぶのが目的だ。その意味では、効果的なワークショップであった。

 北海道D-proは、強烈な個性をもつメンバーがそろっている。毎回、セミナーがどんな内容なのか、現地に到着しないと分からない。そのアバウトさが、また面白いし、すばらしい。

Dprosapporo080730

2008年7月29日 (火)

キーコンピテンシー 2

 2、Interact in heterogeneous groups

というのも面白い。heterogeneousとは「異種の, 異質」のという意味である。つまり、直訳すると「異質な人々と相互に関わり合う能力」ということになる。
 さらに、この能力は三つの内容で示されている。

A. Relate well to others
B. Co-operate, work in teams
C. Manage and resolve conflicts

A.他者と上手にかかわりあう能力
B.チームで協力して仕事を遂行する能力
C.対立を解決し運営していく能力
(訳:前田)

 DeSeCoは、国際的に共通する能力概念として、「考えが異なる他者と上手にかかわりあっていく能力」を主張しているのである。
 だとすれば、子どもたちがチームで協同して問題を解決していくような学習活動が適している。しかも、問題を解決するだけではなく、協同作業を効果的にすすめるための活動そのものも高めていくような学習が望まれる。

2008年7月28日 (月)

ワークショップ連続

 宮崎大学でワークショップを行った。日向教育サークルの鈴木健二先生からの招聘である。

 午前8時スタッフ集合

 午前9時 開会
 午前9時〜午前9時20分 オリエンテーション:授業実践「アップとルーズ」

 スライドショー作成テーマ「宮崎大学のいいところを伝えよう」

 午前9時20分〜午前9時50分 宮崎大学の中をデジカメで撮影する
 午前9時50分〜午前10時20分 写真をパソコンに取り込んで選択する
 午前10時20分〜午前11時 大まかなストーリーを決定して各自原稿を書く
 午前11時〜正午 原稿を一つにまとめて、スライドショーを作成する
 正午〜午後12時30分 作品発表会とコメント

 昼食

 午後1時30分〜午後2時20分 プロジェクト型協同学習 土台編
 午後2時30分〜午後3時20分 プロジェクト型協同学習 入門編
 午後3時30分〜午後4時20分 プロジェクト型協同学習 実践編

 午後4時30分 閉会

 午前中が20名程度、午後が50名程度の参加。
 デジタル表現の経験者が0、マックユーザーが0というワークショップであったが、いい雰囲気の会となった。
 デジカメの映像がパソコンが簡単に取り込めたり、音楽やナレーションが簡単に取り込めたりするのを参加者が体験するたびに、「おーっ!おもしろい!」「簡単なんだ!」という声が聞こえてきた。
 ICTの専門家ではない人たちばかりだったの、今までにない雰囲気で私も楽しくワークショップを行うことができた。

 これからワークショップが連続する。熊本に帰るのは2週間後である。

2008年7月27日 (日)

キーコンピテンシー

 中央教育審議会は次のように述べる。

「経済協力開発機構(OECD)は、1997年から2003年にかけて、多くの国々の認知科学や評価の専門家、教育関係者などの協力を得て、「知識基盤社会」の時代を担う子どもたちに必要な能力を、「主要能力(キーコンピテンシー)」として定義付け、国際的に比較する調査を開始している。」

 そのキーコンピテンシーとは何だろう。

 OECDにはDeSeCoプロジェクトというものがある。
 DeSeCo(Definition and Selection of Competenites)とは、国際的に共通する能力概念としてのキーコンピテンシーを理論的に定義付け、その評価と指標の枠組みを開発するプロジェクトである。
 DeSeCo の主張はキーコンピテンシーを3つに区分しているところだ。
 
THE DEFINITION AND SELECTION OF KEY COMPETENCIES Executive Summaryは公開されているので読むことができる。

 その3つとは
1、Use tools Interactively
2、Interact in heterogeneous groups
3、Act autonomously

 この3つが示す意味を考えるとけっこう面白い。たとえば、1、Use tools Interactivelyの内容はさらに3つに示されている。

A. Use language, symbols and texts interactively
B. Use knowledge and information interactively
C. Use technology interactively

 これは、まさに、言語、記号とテキスト、知識と情報、情報通信技術などの「道具」を双方向的に使用できる能力を指すものだ。
 キーコンピテンシーは、新学習指導要領のバックボーンとなっているのである。

2008年7月19日 (土)

教室環境を改善するためのメモ

 一学期が終了した。3年ぶりの学級担任であり,9年ぶりの3年生担任ということもあって,慣れないことも多く,反省点が山積みとなった。特に,教室環境に関しては忘れないうちに記録しておいて,夏休み中に改善しておきたいと思う。
1)ICTの環境
 9年前に3年生を受け持ったときとあきらかに異なるのは,プロジェクター等のICT環境である。今ではLANも教室に配備されている。この一学期はどの程度使用できるのか,試行錯誤しながらやっていた。パソコンを教室の右に置くか左に置くかでも,ずいぶんと使い勝手は違うものだ。
 結果としては,予想をはるかに超えて,ICTの使用頻度は高かった。
 国語や算数は,毎時間,教科書の投影を行った。算数や社会などは,子どもたちのノートを実物投影機で映し出せる。また,理科では昆虫の実物など拡大して見せることができた。道徳や理科では,NHKの教育放送を見せることができた。テストの答え合わせなどにもプロジェクターは大活躍であった。
 しかし,パソコンと実物投影機をいっしょに置くと場所をとってしまう。プロジェクターの接続などにも時間がかかった。そこで,2学期からは,不要になっている大きな机に実物投影とパソコンを常設できるようにしたい。しかも,その机はキャスターつきなので移動も楽である。また,電源ケーブルやプロジェクタなどのケーブルも全て,ホームセンターなどで販売されているコードカバーを取り付けることにする。
 たかが,それだけのことではあるが,いつでもすぐに使えるメリットは大きい。
2)プリント類の整理
 ひさしぶりの学級担任で,配布するべきプリントと回収するべきプリントの多さに驚いた。下手をすると机上はプリントの山となる。そこで,棚を設置することにする。学校では,まだB4の大きさは使われる。そこで,B4の棚を所定の場所において,配布するべきプリントはすべてそこに置くようにしたい。また,回収するべきプリントは,書類整理ボックスを使用したい。100円ショップなどのもので十分であろう。宿題などは,名簿ごとに提出する場所を決めておいて,そこに出させるようにする。そうすると,誰が出して誰が出していないかが一目瞭然となる。
3)掲示用模造紙の活用
 スクリーンは便利ではあるが,模造紙の方が簡単な場面も多い。私の学校では「今月の歌」を全教室で毎朝練習することになる。歌詞のようなものは,むしろ模造紙の方が見やすいだろう。そこで,子どもたちが歌えるものは,模造紙に書いておき,すぐに取り出して歌えるようにしたい。ギターコードも小さく書き込んでおけば,ギターの伴奏も楽にできる。

 教室環境は極めて小さなことなのだが,整理された環境であれば授業の効率はぐんと上がると思う。

2008年7月18日 (金)

フレッシャーズ教師の教室づくり―基本のキ

 ひさしぶりの単著が発刊されました。
 まえがきには以下のように書きました。
 **********************
 小学校教師をやっていて常々思うことは、学級経営の難しさです。
 力いっぱい熱意と愛情をこめてがんばったつもりでも、子どもたちが心を開かないときもありました。
 また、学級が一つにまとまり、年度末の別れの日では私も子どもたちも涙が止まらないときもありました。
 保護者から厳しく批判されたこともあれば、とても感謝されたこともあります。
 多かれ少なかれ、教師であれば誰でもこのような経験があるものでしょう。

 大学の教員養成課程では、学級経営について詳しく知ることはありません。
 なぜならば、学級経営は、現場の教師でしか分からない「実体験」が必要とされるからです。
 たとえば、いじめの問題一つとってみても、「いじめる子といじめられる子」という単純な構造ではありません。
 今までいじめていた子がある日突然いじめられる側になることはめずらしいことではないのです。
 また、保護者への対応も以前よりもはるかに難しくなりました。
 学級経営がうまくいかないと、教師にとっても子どもにとっても不幸な状態が続きます。
 逆に、学級経営がうまくいくことは、教師にとっても子どもにとっても幸せなことです。
 授業も遊びも学校行事もすべてがスムーズに展開するようになり、学校そのものが楽しい場所になります。
 学級経営は、教育活動の基盤となるものなのです。
 だからこそ、現場教師の実体験に基づく知見が必要なのだと言えましょう。

 **********************
 学級経営に関する本です。
 基本的な部分を漫画でまとめました。
 若い先生方向けの本です。
 よろしかったら,WEBサイトを見てみて下さい。

1555

2008年7月12日 (土)

iPhone

 携帯電話は好きではない。しかし、iPhoneには興味があった。11日が発売日。どうせないだろうと思って、家の近所のソフトバンクショップに行ったら・・・あった。
 形は、iPod Touchに似ているが、厚い。しかも、少し縦に長い。(左がiPod Touch、右がiPhone)

 しかし、スピーカーは内蔵であるし、カメラもついている。何と言っても、これから激増するであろう専用アプリケーションを考えると、さらに進化していくだろう。
 山根一眞氏がテレビで「iPhoneは携帯の延長線上にあるのではなく、コンピュータの延長線上にある。」ということを述べていたが、確かにその通りだと思う。コンピュータに電話機能がついたものと考えた方が分かりやすい。iPhoneは魅力的なコンピュータだ。

 すでに、教育用のアプリケーションもアップされていた。これから、どのように展開していくのか楽しみである。魅力的なハードやソフトは、魅力的なアイデアを生み出していくからだ。Iphone

2008年7月10日 (木)

メディアと記号論

 学期末の忙しい日々ではあるが,昨夕,熊本市情報教育研究会の例会が熊本市教育センターで開催された。
 村上浩一先生の「映像の読解コード」という提案は興味深い内容であった。NHKの教育番組「見える歴史」を,読解コードで読み取るという授業実践であった。従来は,内容理解が中心だった番組視聴を,読解という視点で番組を分析していこうとするものだ。具体的には,「服装」や「表情」「文字」「背景」といった「視点」が書いてあるワークシートを使って番組を視聴させていく。この発表では,「記号論」という言葉が頻繁に登場した。

 メディアを扱うと必ず「記号論」にぶつかる。言語や写真などの映像は全て記号だからである。
 池上嘉彦著「記号論への招待」(岩波新書)は,記号論をやさしく解説してあって分かりやすい。石田英敬著「記号の知/メディアの知」(東京大学出版会)も面白かった。
 文学教材の指導で有名になった「分析批評」も根源は記号論である。

 村上先生の授業は,10月31日(金)の放送教育研究大会九州ブロック大会で公開される。今から楽しみになった。

2008年7月 9日 (水)

総合的な学習を考える2

 前任校では1学期の総合的な学習として「情報ミニプロジェクト単元」というものを行っていた。これは,10時間程度の短い単元を通して,情報活用のためのスキルとプロジェクト学習の流れをつかませることをねらいとしていた。
 たとえば,3年生は「友達紹介ポスターセッション」,4年生は,「友達紹介プレゼンテーション」というものを行う。男女がペアになって,それぞれの長所を保護者に紹介をするというものである。5年生は「学校紹介ホームページ制作」。6年生は「英会話番組制作」を行う。

 この1学期のミニプロジェクトが終了したら,2学期から本格的な「探求活動」に入っていく。
 このような「ミニプロジェクト単元」には,かなりメリットが多かったように思う。まず,新しい学年を受け持った学級担任にとっては,総合的な学習を組み立てるための準備がとりにくい。1学期にミニプロジェクトがもうけてあると,まずは,その指導に力を入れられる。また,教師にとってもプロジェクト学習の流れをつかむことができる。

 そうすると,2学期以降の総合的な学習については,夏休み中にかなり準備ができることになる。学習のデザインも行いやすいはずだ。

 もちろん,ミニプロジェクト単元も改良の余地がある。一つは,教科の学習内容とのリンク。二つ目は,2学期以降の探求活動とのリンクである。つまり,一学期の教科の内容と絡めたプロジェクトにしながら,技能面では探求活動に絡めるようにするわけである。
 たとえば,3年生では,国語科で学習した「段落を意識して,何かを紹介する作文」を活かせるようなミニプロジェクト単元にしていくといったものである。(つづく)

2008年7月 8日 (火)

総合的な学習を考える1

 文部科学省のサイトに小学校学習指導要領解説が発表されている。
 興味があるのは、総合的な学習の解説だ。
 「2 内容の取り扱いの改善」として以下の三つが述べられている。この部分は、今後の総合的な学習を考えていく上で重要なところになるはずだ。学校の指導計画は、一度決められてしまうと改善することが難しい。探求活動として成立しているのか? 単なる体験活動になっていないか? 言語活動は充実しているのか?といったチェックをしていく必要があるはずである。

****************************
(1)探究的な学習としての充実
 総合的な学習の時間については,自ら学び自ら考える力などの「生きる力」をはぐくむために,既存の教科等の枠を超えた横断的・総合的な学習となることを目指して実施されてきた。
 今回の改訂では,このことに加えて探究的な学習となることを目指している。基礎的・基本的な知識・技能の定着やこれらを活用する学習活動は,教科で行うことを前提に,総合的な学習の時間においては,体験的な学習に配慮しつつ探究的な学習となるよう充実を図ることが求められている。すなわち,総合的な学習の時間と各教科等との役割分担を明らかにし,総合的な学習の時間では探究的な学習としての充実を目指している。このことについては目標において明示するとともに,内容の取扱いにお
いても「探究的な学習」「探究活動」「問題の解決や探究活動の過程」などとして複数箇所に示している。
 学習活動の例として示されている国際理解や情報に関する学習を行う際にも,「問題の解決や探究活動に取り組むことを通して」と示し,体験活動だけで終わることや知識・技能を一方的に教え込むだけの学習活動ではないことを明確にしている。

(2)学校間の取組状況の違いと学校段階間の取組の重複
 総合的な学習の時間の課題として,学校間の取組の実態に差がある状況や学校段階間の取組が重複していることが挙げられる。学校間の取組の状況に違いがあることを改善するために,総合的な学習の時間において育てようとする資質や能力及び態度の視点を例示することとした。例示する視点としては,「学習方法に関すること,自分自身に関すること,他者や社会とのかかわりに関することなど」とした。このことにより,各学校において設定する育てようとする資質や能力及び態度が一層明確になる
とを目指した。
 合わせて,学校段階間の取組の重複を改善するために,学校段階間の学習活動の例示を見直した。従前から示されていた学習活動は,「例えば国際理解,情報,環境,福祉・健康などの横断的・総合的な課題,児童の興味・関心に基づく課題,地域や学校の特色に応じた課題などについて,学校の実態に応じた学習活動を行うものとする」とされていた。今回の改訂では,これに加えて,小学校では「地域の人々の暮らし,文化と伝統に関する学習活動」,中学校では「職業や自己の将来に関する学習活動」を例示として加える。これらのことによって,各学校段階における児童・生徒の発達に応じた適切な学習活動が展開されることを目指した。

(3)体験活動と言語活動の充実
 総合的な学習の時間においては,従前と同様に体験活動を行うことを重視し,積極的に学習活動に取り入れることとしている。例えば,小学校における自然体験活動や中学校の職場体験活動,高等学校の就業体験活動や奉仕体験活動などである。
 しかし,体験活動がそれだけで終わるのではなく,体験活動を行うことによって児童の学習を一層充実したものとすることが求められている。そのために,内容の取扱いにおいて,「体験活動については,第1の目標並びに第2の各学校において定める目標及び内容を踏まえ,問題の解決や探究活動の過程に適切に位置付けること」とした。さらに,「問題の解決や探究活動の過程においては,他者と協同して問題を解決しようとする学習活動や,言語により分析し,まとめたり表現したりするなどの学習
活動が行われるようにすること」を示した。これは,互いに教え合い学び合う活動や地域の人との意見交換や交流活動など,他者と協同して課題を解決しようとする学習活動を重視することを意味する。また,言語により整理したり分析したりして考え,それをまとめたり表現したりして自分の考えを深める学習活動を重視するものである。このように,体験活動と言語活動を共に充実させることが,総合的な学習の時間の充実においては欠かせないのである。

 ここまで述べてきたように,今回の改訂では,国が示す目標を踏まえ,具体的な目標や内容は,各学校において定めることを明確にした。このようなことから,各学校においては,教育委員会の指導の下,総合的な学習の時間の目標を踏まえた適切な学習活動が行われるよう,校長を中心に学校全体として組織的に取り組み,指導計画や指導体制,実施状況について,点検・評価することが求められる。

(文部科学省:小学校学習指導要領解説 総合的な学習編 より)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30