無料ブログはココログ

« フレッシャーズ教師の教室づくり―基本のキ | トップページ | キーコンピテンシー »

2008年7月19日 (土)

教室環境を改善するためのメモ

 一学期が終了した。3年ぶりの学級担任であり,9年ぶりの3年生担任ということもあって,慣れないことも多く,反省点が山積みとなった。特に,教室環境に関しては忘れないうちに記録しておいて,夏休み中に改善しておきたいと思う。
1)ICTの環境
 9年前に3年生を受け持ったときとあきらかに異なるのは,プロジェクター等のICT環境である。今ではLANも教室に配備されている。この一学期はどの程度使用できるのか,試行錯誤しながらやっていた。パソコンを教室の右に置くか左に置くかでも,ずいぶんと使い勝手は違うものだ。
 結果としては,予想をはるかに超えて,ICTの使用頻度は高かった。
 国語や算数は,毎時間,教科書の投影を行った。算数や社会などは,子どもたちのノートを実物投影機で映し出せる。また,理科では昆虫の実物など拡大して見せることができた。道徳や理科では,NHKの教育放送を見せることができた。テストの答え合わせなどにもプロジェクターは大活躍であった。
 しかし,パソコンと実物投影機をいっしょに置くと場所をとってしまう。プロジェクターの接続などにも時間がかかった。そこで,2学期からは,不要になっている大きな机に実物投影とパソコンを常設できるようにしたい。しかも,その机はキャスターつきなので移動も楽である。また,電源ケーブルやプロジェクタなどのケーブルも全て,ホームセンターなどで販売されているコードカバーを取り付けることにする。
 たかが,それだけのことではあるが,いつでもすぐに使えるメリットは大きい。
2)プリント類の整理
 ひさしぶりの学級担任で,配布するべきプリントと回収するべきプリントの多さに驚いた。下手をすると机上はプリントの山となる。そこで,棚を設置することにする。学校では,まだB4の大きさは使われる。そこで,B4の棚を所定の場所において,配布するべきプリントはすべてそこに置くようにしたい。また,回収するべきプリントは,書類整理ボックスを使用したい。100円ショップなどのもので十分であろう。宿題などは,名簿ごとに提出する場所を決めておいて,そこに出させるようにする。そうすると,誰が出して誰が出していないかが一目瞭然となる。
3)掲示用模造紙の活用
 スクリーンは便利ではあるが,模造紙の方が簡単な場面も多い。私の学校では「今月の歌」を全教室で毎朝練習することになる。歌詞のようなものは,むしろ模造紙の方が見やすいだろう。そこで,子どもたちが歌えるものは,模造紙に書いておき,すぐに取り出して歌えるようにしたい。ギターコードも小さく書き込んでおけば,ギターの伴奏も楽にできる。

 教室環境は極めて小さなことなのだが,整理された環境であれば授業の効率はぐんと上がると思う。

« フレッシャーズ教師の教室づくり―基本のキ | トップページ | キーコンピテンシー »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985670

この記事へのトラックバック一覧です: 教室環境を改善するためのメモ:

« フレッシャーズ教師の教室づくり―基本のキ | トップページ | キーコンピテンシー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30