無料ブログはココログ

« 総合的な学習を練り直す 1 | トップページ | 総合的な学習を練り直す 3 »

2008年12月28日 (日)

総合的な学習を練り直す 2

 2学期は、公民館を介してナス農家の方に子どもたちに農業体験させてもらうようにお願いした。ナスの栽培から収穫までを実際に体験するのである。1学期の理科の学習「オクラとホウセンカ」で学習したことがぴったりと当てはまったので、かなり効果的であった。苗の観察からつぼみ〜花〜実の様子を観察スケッチさせていく活動を取り入れると良いだろう。
 また、野菜を育てている農家の方の畑も見学に行った。私の学校の地域は農業がさかんなので、子どもたちにとっても良い経験になった。農家の方には事前にどんな野菜を育てているのかを尋ねておいた。キャベツ、大根、にんじん、ブロッコリー、トマト、ナスである。子どもたちはグループで役割分担をして事前に本やインターネットを使って調べていたので、意識はかなり高かっただろう。インターネットは、サイトをしぼりこんでいれば、3年生でも使える。
 大切なことは、社会科との関連である。副読本を使うので、その内容に合わせておく必要がある。3学期に田や畑で働く人々(7時間)という単元があるので、その単元と「まちではたらく人々」(2学期に計画:9時間)を入れ替えるか、その二つを「わたしたちのくらしと商店」(2学期に計画:16時間)と入れ替えるような変更が必要である。いずれにしても、社会科としての学習がそのまま総合的な学習に活かせるようにしておくわけである。

 また、収穫したナスをJA婦人部の方に手伝ってもらって、調理をする時間をもうけた。これは、子どもたちにとっては大変好評であった。自分たちが収穫したばかりのナスをすぐに調理できるからである。しかも、フライドナス、チーズナス、ナスカレーなどの料理であったので、野菜嫌いの子どもたちも抵抗なく食べることができたからだ。12月末で行ったが、できれば12月初旬の日曜授業参観の日の2時間目、3時間目にやっておくとよかったかもしれない。1時間目に総合的な学習で学んだことの発表をすることも考えられる。

 そう考えると、指導のタイミングを綿密に練り直しておくべきだろう。(つづく)Nasuhouse

« 総合的な学習を練り直す 1 | トップページ | 総合的な学習を練り直す 3 »

総合的な学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985499

この記事へのトラックバック一覧です: 総合的な学習を練り直す 2:

« 総合的な学習を練り直す 1 | トップページ | 総合的な学習を練り直す 3 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31