無料ブログはココログ

« ICTは授業の「補助的な手段」なのか 7 | トップページ | 授業で役立つメディア活用講座1月31日 »

2009年1月25日 (日)

ICTは授業の「補助的な手段」なのか 8

 先に引用した「文部科学省『学習指導要領解説:総則編』の次の部分が特に重要だ。
********************************
 各教科等の指導に当たっては,教師がこれらの情報手段に加え,視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ることも重要である。これらの教材・教具を有効,適切に活用するためには,教師はそれぞれの情報手段の操作に習熟するだけではなく,それぞれ情報手段の特性を理解し,指導の効果を高める方法について絶えず研究することが求められる。
********************************
 「情報手段の操作に習熟するだけではなく、それぞれの情報手段の特性を理解する」という部分は、正鵠を射ている。特性を理解できていないので、効果的な使い方ができないのである。
 こうした「ICTの指導効果を高める方法の研究」は、学校現場ではあまりやられていないのが現状ではないだろうか。

 多くのICT研修が「ワードの使い方」「パワーポイントの使い方」といった操作技能研修になっている。たしかに、操作技能を高める研修も必要なのではあるが、それだけでは「情報手段の特性理解」にはつながらない。
 実際に、「情報手段の特性を理解する」という目的をもったICT研修が求められている。そのためには、教師自らが学習者となって「情報手段の特性」を体験的に理解する場が必要になる。

« ICTは授業の「補助的な手段」なのか 7 | トップページ | 授業で役立つメディア活用講座1月31日 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985458

この記事へのトラックバック一覧です: ICTは授業の「補助的な手段」なのか 8:

« ICTは授業の「補助的な手段」なのか 7 | トップページ | 授業で役立つメディア活用講座1月31日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30