無料ブログはココログ

« 「授業の準備の時間」を確保する 5 | トップページ | 「授業の準備の時間」を確保する 7 »

2009年1月11日 (日)

「授業の準備の時間」を確保する 6

 定年を迎えないまま50代で退職をする教師が増えているという。たしかに、私の周囲にも少なくない。
 考えてみれば、明日の授業の準備に追いまくられ、生徒指導と保護者対応に時間を奪われていれば、「人間としての自分」を高める時間的余裕はないだろう。それに加えて、教える内容が増えていくとなれば、もう追いつかないと感じるのも理解できるように感じる。目前の授業をこなす方法だけは身についていても、人間としての知性や教養も乏しくなっている自分に気づいて愕然となってしまうのではないだろうか。そう考えてみると、50代になって自分のこれからの人生を考え、教壇を降り自分の内実を充実させていこうとする姿勢は、むしろ前向きに「自分の人生」を考えている証しとも言えよう。

 しかし、教育界全体から見れば、50代のベテラン教師が退職していくことは、大きな損失であると感じる。なぜならば、日本の教師の成長は教師同士の協同性に支えられているからである。
 私が教師になった20数年前は、先輩の教師から様々なことを教えてもらった。チョークの使い方を当時の教務主任から教えてもらったことを昨日のことのように覚えている。(授業の重要な要素である『板書』の方法について、教員養成系の大学はどれだけ指導できるだろうか?)
 そのためには、昼休みや夕方の「ちょっとした時間」が私には重要だった。分からないことや悩んだことは、その時間帯に先輩教師に尋ねにいったからだ。「帰りの会」の方法で悩んだとき、50代の先輩女性教師に「先生の学級の帰りの会を見せて下さい」と頼んだら、快く引き受けてくれた。こうしたことも鮮明に覚えている。

 もし、こうした「協同して学ぶ時間」も少なくなってくれば、日本の教師の授業力はどうなるのだろう。10年に1度の「教員免許更新制度」によって教員の資質は向上するのだろうか。我々の仲間たちはどう考えているのだろう。

« 「授業の準備の時間」を確保する 5 | トップページ | 「授業の準備の時間」を確保する 7 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985480

この記事へのトラックバック一覧です: 「授業の準備の時間」を確保する 6:

« 「授業の準備の時間」を確保する 5 | トップページ | 「授業の準備の時間」を確保する 7 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30