無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

民話をICTで蘇らせる 14

 子どもたちの作品と音声とでサンプルを制作してみることにした。音声入力はGarageBandでコンピュータ内蔵のマイクを使う。映像はiMovie09である。
 音楽は【SHW】フリー音楽素材集の中から使用させていただいた。
 (sample7.movを参照。動画を高めに圧縮している。)

 サンプルを子どもたちに見せると、見通しが立てられる。
 やってみて分かったことは、「間」の取り方である。子どもたちにとっては、「間」が分かりにくい。すらすらと途切れなく読んでも、かえって聞き取りにくくなるからだ。(つづく)「sample7.mov」をダウンロード

2009年2月18日 (水)

D-project2 春の公開研究会3月20日(祝・金)

今年もD-projectは春の公開研究会を、3月20日(祝・金)に、東京で行います。
テーマは「活用型学習で育むメディアで創造する力」。
当日は、フィンランドメソッドの北川達夫氏の基調講演、6つの実 践発表セッション、3つの参加型ワークショップなど盛りだくさんです。
なお、先着100名でしめきります。
申し込みは下記にアクセスを。お早めに!
http://www.d-project2.jp/kantou2009/index.html

Sidemenu_logo1

2009年2月 8日 (日)

熊本大学教育学部情報教育研究会例会

 毎月一回、熊本大学教育学部で定期的に研究会を行っている。中核となるメンバーは約10名。
 今回はNHKスペシャル「デジタルネイティブ」を視聴して様々なことをディスカッションした。同じ番組を見ても、それぞれが感じることは違う。それらの意見を聞くことで新たな発想が生まれてくる。
 私が教師になったのは24年前。その頃に比べると、「動画」の位置づけがかなり違うことを感じる。その頃の「動画」はテレビであり映画であった。しかし、今は誰もが自由に動画を編集し発信できるようになっている。動画はコミュニケーションの手段となっているのである。若い人たちがテレビを見なくなり、YouTubeなどの動画サイトを見るようになっているのは分かるような気がする。今後、このような「映像によるコミュニケーション」の傾向はますます強くなっていくだろう。

 会の後半、来年度の取組について自由に話し合ってもらった。最終的には、「映像を教育に活かす」ということで方向性がほぼ決まりつつある。それらの意見をまとめて、次回3月7日の定例会で私が原案を作成して提案する。

 それにしても、本当に私は人材に恵まれていると思う。研究会の場所に必ずやってきて我々現場教師を支援してくれる塚本会長をはじめ、それぞれに得意分野のある人が集まってくるから面白い。音楽教育、英語活動、放送教育、図工美術教育、映像メディア活用、ICT技術 等々、優秀な人たちの智恵と技術がそれぞれを刺激し合って創造的な研究活動が行われていく。本当にすばらしい環境で研究できることに心から感謝したい。

Jouhouken

2009年2月 5日 (木)

授業で役立つメディア活用講座1月31日

 1月31日に「授業で役立つメディア活用講座」を開催した。
 主催はD-project。共催は熊本大学教育学部情報教育研究会である。
 日程は以下のとおり。わずか3時間30分で,「25秒の映像作品」をつくるという難題がタスクであった。参加者は40名。女性が約半数参加しているところが、情報教育の他の研修会とは大きく異なるところなのかもしれない。

9:00~ 9:05 開会
9:05~10:15 オリエンテーションと実技講座
10:15~10:30休憩 
10:30~11:00「21世紀の教育」
       Apple 一瀬裕子氏
11:00~12:00「学校放送番組の活用と映像編集のポイント」
       NHK ディレクター宇治橋祐之氏
12:00~15:30昼食、映像制作
16:00~17:40作品発表会+表彰式

 作品発表会での作品のレベルの高さに驚いた。コンピュータスキルではない、何か別の「映像への感性」のようなものが要求されるのだと感じた。
 そう考えると、やはり作品評価の部分が極めて重要だと思う。NHKディレターの宇治橋さんのコメントはさすがに「なるほど」と思えた。一般の視点と異なるからである。

 あちこちで多くのワークショップが開催されているが、時間がないので「制作して終わり」になりがちである。主催者側が、作品を分析する視点を身につけていく必要があると痛切に感じた。もっと研究しないとならない。
 とにもかくにも、学びの多い研修会であった。企画してよかったと思う。Shapeimage_4

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31