無料ブログはココログ

« 活用型学力とは何か17 | トップページ | 活用型学力とは何か19 »

2009年6月 1日 (月)

活用型学力とは何か18

【思考力・判断力・表現力をはぐくむ学習活動】

 運動会、大変おつかれさまでした。とってもいい運動会だったと思います。(私はホントにダンスが苦手です。(T_T))準備や後片付けもスムーズでチームワークのすばらしさを実感したところでした。
 さて、「研究通信の出し過ぎ」というご批判を受けつつ、また出してすみません。(^_^;)
 色々と資料を示しながら出してまいりましたが、私の結論は単純です。以下がそれです。


 教科の学習において、知識・技能の活用場面を組み込みつつ、探究型の学習過程で授業設計を行う


 中央教育審議会が示した以下の学習活動を取り入れつつ、【課題設定】【情報の収集】【整理分析】【まとめ・表現】の学習活動を行うと言い換えてよいと思います。

*******************************
○ 現在の各教科の内容、PISA調査の読解力や数学的リテラシー、科学的リテラシーの評価の枠組み などを参考にしつつ、言語に関する専門家などの知見も得て検討した結果、知識・技能の活用など思考力・判断力・表現力等をはぐくむためには、例えば、以下のような学習活動が重要であると考えた。このような活動を各教科において行うことが、思考力・判断力・表現力等の育成にとって不可欠である。
① 体験から感じ取ったことを表現する
(例)・日常生活や体験的な学習活動の中で感じ取ったことを言葉や歌、絵、身体などを用いて表現する
② 事実を正確に理解し伝達する
(例)・身近な動植物の観察や地域の公共施設等の見学の結果を記述・報告する

③ 概念・法則・意図などを解釈し、説明したり活用したりする
(例)・需要、供給などの概念で価格の変動をとらえて生産活動や消費活動に生かす

・衣食住や健康・安全に関する知識を活用して自分の生活を管理する

④ 情報を分析・評価し、論述する
 
(例)・学習や生活上の課題について、事柄を比較する、分類する、関連付けるなど考えるための技法を活用し、課題を整理する

・文章や資料を読んだ上で、自分の知識や経験に照らし合わせて、自分なりの考えをまとめて、A4・1枚(1000字程度)といった所与の条件の中で表現する

・自然事象や社会的事象に関する様々な情報や意見をグラフや図表などから読み取ったり、これらを用いて分かりやすく表現したりする

・自国や他国の歴史・文化・社会などについて調べ、分析したことを論述する

⑤ 課題について、構想を立て実践し、評価・改善する
(例)・理科の調査研究において、仮説を立てて、観察・実験を行い、その結果を整理し、考察し、まとめ、表現したり改善したりする
   
・芸術表現やものづくり等において、構想を練り、創作活動を行い、その結果を評価し、工夫・改善する

⑥ 互いの考えを伝え合い、自らの考えや集団の考えを発展させる
(例) ・予想や仮説の検証方法を考察する場面で、予想や仮説と検証方法を討論しながら考えを深め合う
     
・将来の予測に関する問題などにおいて、問答やディベートの形式を用いて議論を深め、より高次の解決策に至る経験をさせる
(中央教育審議会答申 p25)
*******************************

« 活用型学力とは何か17 | トップページ | 活用型学力とは何か19 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985340

この記事へのトラックバック一覧です: 活用型学力とは何か18:

« 活用型学力とは何か17 | トップページ | 活用型学力とは何か19 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31