無料ブログはココログ

« マッキントッシュ教育活用講座 締め切り | トップページ | NIE全国大会に参加して1 »

2009年7月26日 (日)

教育美術賞

 財団法人 教育美術振興会が主催する教育美術賞で入賞し、佳作賞をいただきました。

 テーマ「コミュニケーションを志向する図画工作科授業の展開」

 現任校に移動してからは、三年間国語専科であったために図画工作の授業が全くできず、さびしい思いをしておりました。昨年度から学級担任になり、作品主義でも放任主義でもない図画工作の授業を模索しておりました。あえて名付けるならばコミュニケーション主義と言えばいいかもしれません。
 関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 論文の冒頭は次のように書き出しました。少しだけ紹介させていただきます。
*************************************
Ⅰ 問題の所在
1,コミュニケーション教育としての図画工作美術教育

 美術作品はメディアである。
 物理的に見れば、絵画は「紙や布の上に絵の具を塗ったもの」にしかすぎないし、彫刻は「石や木材、粘土などを何らかの物体の形にしたもの」にしかすぎない。それらの作品そのものを味わうのは、鑑賞者の能力にゆだねられる。
 鑑賞者は作品を漠然と眺めていても、新しい意味は生まれない。「表現者は、なぜこの絵を描いたのだろう。」「ここに描かれている物体は、一体何なのだろう。」「季節はいつなのだろう。」「朝なのだろうか、夕方なのだろうか。」などと、自分自身に問いかけ自分なりの答えを出していくことによって、鑑賞者と表現者の間に「新しい意味」が生まれてくることになる。つまり、鑑賞者は、自分自身と対話することによって、表現者とのコミュニケーションを行うことができるのである。

 表現者は、自分の感動したものや伝えたいイメージをどのように表現すれば、鑑賞者とのコミュニケーションができるかという思考を行う。そこにも、また自分自身との対話が欠かせない。様々な試行錯誤を行うことで、自らの感性に働きかけながら,表現活動は行われていく。
 つまり,美術とは、鑑賞者と表現者と間に成立するコミュニケーションそのものなのである。そう考えると、美術教育は、表現の能力だけを高めていても不十分であり、鑑賞の能力をも高めることによって、成立する教育だと言える。
 本実践研究では、美術教育を「表現者と鑑賞者の間に成立するコミュニケーション教育」という視点で捉えなおしてみたい。「作品」を、「表現者による自己表現の産物」と見るのではなく「制作者と鑑賞者の間に存在するメディア」として見てみる。つまり,表現者と鑑賞者の間に、新しい意味を生み出すことをアートと捉えるのである。
 「新しい意味」とは作品や人によって異なる。「美しい」「きれい」といった「美的な感動」である場合もあるし、「面白い」「すごい」といった「驚き」である場合もあるだろう。あるいは、「画家の主張」を感じ取ることもあるし、「これ、何だ?」という疑問を感じることもあるだろう。画家の卓越した技術や独創的な表現に心を動かす場合もある。
 もしも、表現者と鑑賞者の間に何ものも生まれない場合は、アートとしての価値は低いことになる。逆に、両者の間に生み出されるものが多ければ、アートとしての価値は高いことになる。両者の間に生み出されるものを多くするためには、表現のための力と同時に鑑賞の力も高める必要がある。美術教育において教師が行うべき仕事は,特定の美意識に沿った「立派な作品」を子どもたちに作らせることではなく,表現者でもあり鑑賞者でもある子どもたちにコミュニケーションの場と力を与えることである。

« マッキントッシュ教育活用講座 締め切り | トップページ | NIE全国大会に参加して1 »

図工・美術教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985289

この記事へのトラックバック一覧です: 教育美術賞:

« マッキントッシュ教育活用講座 締め切り | トップページ | NIE全国大会に参加して1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30