無料ブログはココログ

« プレゼン力11 | トップページ | 新聞を「見る」1 »

2009年8月29日 (土)

プレゼン力12

【英語によるプレゼンテーション】

 ICoMeでは,日本人と韓国人が英語でプレゼンテーションを行う。同じアジア人がヨーロッパの言語を用いて交流を行うので不思議な感じがする。

 国際学会であっても,プレゼンテーションの基本は変わらない気がする。
 たとえば,以下のこと。
(1)相手とアイコンタクトをとること
(2)張りのある声を相手に届けること
(3)可能な限りスクリーンの近くに立つこと
(4)相手に問いかけたり,間を取ったりすること
(5)原稿の読み上げではなく,身振りや手振りを入れること

Icome2009  日本人の発表者の中には,私を含めて英語が苦手な人がたくさんいる。しかし,英語は母国語ではない。ジャパニーズイングリッシュでも,伝えようという意識があれば,聞いている方は分かりやすく感じる。私もかなり緊張したが,いつものようにやれるようにチャレンジしてみた。韓国の学生から質問があってうれしく感じた。

 苦手な英語を克服して頑張って発表している人達を見ると,本当に親しみを感じる。英語から逃げていては,英語の力などは到底つかないだろう。



Roundtable  プログラムの中に,Round Tableというセッションがあって,両国の大学生がテーブルを囲んで英語で発表したり質問したりしていた。

 大学生が一生懸命に英語を使ってプレゼンを行っている姿を見てうらやましく感じた。日本の学生は,このような機会にできるだけ参加した方がよいと思う。英語は,確実に21世紀のコミュニケーションツールになってきている。

« プレゼン力11 | トップページ | 新聞を「見る」1 »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985259

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼン力12:

« プレゼン力11 | トップページ | 新聞を「見る」1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30