無料ブログはココログ

« プレゼン力5 | トップページ | プレゼン力7 »

2009年8月14日 (金)

プレゼン力6

 フォント(書体)も影響が大きい。

Kakugo

 通常のプレゼンの画面では、角ゴシック体を使うことが多い。たしかに、角ゴシック体は、ある程度小さい字であっても、分かりやすい。






Marugo

 少しトーンをやわらげたいときや、親しみやすさを出したいときは、丸ゴシック体を使うという手もある。けっこう丸ゴシック体を標準で使っている人も多い。





 

Minchou

 

活字でもっとも一般的な明朝体はあまり使われない。しかし、場合によっては、ちょっとしゃれた感じになる。ゴシック体よりも弱いので、かえって写真などがひきたつ。


 

Reisho

 隷書体は、面白い。キーワードだけで話を展開したいときは、むしろ強調されることになる。

 フォントは言葉の印象さえも変化させてしまう。一枚一枚変えていく必要はないが、どのフォントが一番効果的に見えるかどうかも考えておきたい。いつも同じフォントでは、やっている方も面白くない。

« プレゼン力5 | トップページ | プレゼン力7 »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985277

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼン力6:

« プレゼン力5 | トップページ | プレゼン力7 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31