無料ブログはココログ

« プレゼン力10 | トップページ | プレゼン力11 »

2009年8月26日 (水)

授業で役立つ映像制作研修 その後

 通常の研修会は,会が終了すれば「お疲れ様でした」で終わりとなる。ところが,今回の映像制作研修会は,終了した後も様々な意見がメーリングリスト上で交わされ続けている。

Movie090822_2  私自身も完成した7つのムービーを家族に視聴してもらい,感想を聞いた。「見たときに,ちょっとやさしい気持ちになるか」という観点である。

 全作品ともよくできているという意見ではあったが,あえて改善点を考えてもらった。客観的に見てもらうと,制作している時には感じなかったことが見えてくるから面白い。たとえば,「前半が長すぎるのでもっと短くした方がいい」「人物のいる場所を変えないと,つながりが分かりにくい」「ストレートすぎるので,もっとひねりがほしい」といったことだ。作品を比較しながら分かってきたことは,「誰が誰に対してやさしい行為を行っているのか」ということが明確でないと伝わらないということである。

 Saibikan先生は,WEB上で分析しているからすごい。ぜひ,内容を見ていただきたい。

 子どものアート彩美館

 作品や学習過程へのこだわりが強いほど,学習者の理解が深まるという好例だと思う。総合的な学習に代表されるような「探究型の学習」とは本来そのようなものなのだろう。

« プレゼン力10 | トップページ | プレゼン力11 »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985263

この記事へのトラックバック一覧です: 授業で役立つ映像制作研修 その後:

« プレゼン力10 | トップページ | プレゼン力11 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31