無料ブログはココログ

« プレゼン力4 | トップページ | プレゼン力6 »

2009年8月13日 (木)

プレゼン力5

  プレゼンの画面は主役ではなく脇役である。だからこそ、脇役らしさも必要であるし、効果的な脇役であってほしいと思う。

 一枚 の画面の中の情報はできるだけ少なくしてすっきりとさせることが原則である。では、背景は何色が良いのだろう。

 パワーポイントにしてもキーノートにしても、かっこいテーマがいくつも設定できるようになっている。

Blue_2

 たとえば、青い模様のついたテーマで画面を一枚つくってみよう。このようなプレゼンの画面は多いのだが、一番見せたいものが目立たない。背景がうるさく感じてしまうのである。

 

Black

 最近多いのが、背景が黒い画面のものだ。企業のプレゼンではよく見かけるようになった。しかし、教育研究の提案では重厚すぎるように感じてしまう。特に子どもが出ている写真では、どこかしら暗くなってしまう。(ちなみに、添付した写真は使用権フリー画像集のもの)

 

White

 だから、私は基本的には白い画面に統一することにした。白地に黒だとシンプルで文字も写真も目立つ。しかも、子どもたちの写真がはられていても暗い感じがしない。

 


 背景の色などはどうでもいいことなのかもしれないが、印象はずいぶんと変わってしまうものだ。

 

« プレゼン力4 | トップページ | プレゼン力6 »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/47985278

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼン力5:

« プレゼン力4 | トップページ | プレゼン力6 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30