無料ブログはココログ

« 総務省「テレビの見方を学ぼう」 | トップページ | なぜ協同学習なのか〜社会的構成主義〜6 »

2009年10月11日 (日)

Mac-T例会10月10日

 10月10日、熊本大学教育学部情報教育研究会+D-project主催の定例会が行われた。
 3連休の初日にもかかわらず、23人の方々に集まっていただいた。

Mact091010  キーノート講座とミニテクニック講座。授業実践が4名。さらに、実物投影機の授業での活用法の話があった。非常に内容の濃いものとなった。
 授業実践に共通することを考えていくと、「メディアの特性」という言葉に行き着く。われわれ教師は、経験則から「動画」と「静止画」を使い分けている。なぜ、使い分けているのかを考えながら、実践を聞いていくと面白い。


Option091010  午後のオプション研修会には、19名の方々が残って下さった。私は共同研究としての、教育実習生の授業編集による研修の報告を行った。また、西尾先生が図画工作科における映像の活用の実践を話して下さった。

 実践報告を聞いていると、様々な共通事項が思い浮かぶ。メディアの特性を探究するのはホントに面白い。
 毎回、企画・参加してよかったと実感している。来月の11月7日も楽しみだ。

« 総務省「テレビの見方を学ぼう」 | トップページ | なぜ協同学習なのか〜社会的構成主義〜6 »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/48045033

この記事へのトラックバック一覧です: Mac-T例会10月10日:

« 総務省「テレビの見方を学ぼう」 | トップページ | なぜ協同学習なのか〜社会的構成主義〜6 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30