無料ブログはココログ

« 仕事術2010 10 | トップページ | 仕事術2010 12 »

2010年1月24日 (日)

仕事術2001 11

【仕事は朝に行う】

 現在は、午前2時50分に目覚まし時計をセットしている。だから、午前3時から仕事に取りかかることができる。そのかわりに、夜は午後10時前後に床につく。

 かくいう私も、新卒教師の頃は午前7時30分に起床して朝食をかきこみ、8時に自宅を出ていた。学校までの時間が自動車で5分程度だったので、それでも間に合ったのである。夜は午後2時に寝ていた。典型的な夜型人間だった。

 その後、学校が自宅から90分もかかるところになったので、午前6時に起床して6時30分に自宅を出るようになった。そうなると、夜の仕事の効率が極めて悪くなる。眠くなるのである。

 そこで、午前4時30分に起床するようにした。そして、そこで仕事をするようにした。そうすると、仕事の効率が極めて良くなることが分かった。まず、テレビや電話などのじゃまされることがない。家族も寝ているので極めて静かだ。朝6時までに仕事を終わらせなければならないという「締め切り効果」も生まれた。

 そして、現在は午前3時から仕事がスタートできるようになった。起床時刻を1時間30分ほど早めていったことになる。3時からだと6時までに3時間も自由な時間が生まれることになる。この時間は大きい。ただし、午後10時には猛烈に眠くなる。だから、夜には仕事らしいことは一切しないことにした。

 すぐには目が覚めないこともあるので、起きてから行うことを三つ決めている。(つづく)

 

« 仕事術2010 10 | トップページ | 仕事術2010 12 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/48044916

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事術2001 11:

« 仕事術2010 10 | トップページ | 仕事術2010 12 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30