無料ブログはココログ

« 仕事術2010 9 | トップページ | 仕事術2001 11 »

2010年1月13日 (水)

仕事術2010 10

【通勤時間に学ぶ】

 地方に住んでいると、通勤は自動車で行うことになる。電車通勤だったら車中で読書ができるのだが、自動車だとそうはいかない。もちろん、満員の電車やバスでも読書をすることは難しいだろう。
 ラジオや音楽を聴くことはあるが、この時間がもったいない。現在でも往復2時間かかる。そこで、自動車のオーディオ機器やiPodなどの携帯音楽プレイヤーを使って、学ぶことにしている。

 以前からよく利用していたのが、カセット文庫とよばれるものだ。今では新潮CDとて販売されている。これは、小説を一流の役者が名作を朗読していくというものである。朗読だからこそ味わいがあって、何度も聞いた。私は、それまで小説には一切興味がなかったのだが、「聞いて」知った。
 新潮社 デジタルコンテンツ・新潮CD
 特に、江守徹氏の朗読はすばらしい。ドストエフスキーの「罪と罰」や中島敦の「山月記・名人伝」は名作だと思う。朗読とはこのように行うものなのだろう。文庫本に比べて価格が高いのが難点だが、私にとっては宝物である。

 ハワイ大学に2ヶ月間行くことになって買ったのが、スピードラーニング。これは日本語と英語が交互に聞けるというものだが、自動車で聞き流すのにはちょうどよかった。
 Espritline スピードラーニング
 気軽に英語のリスニング力を高めたい人にはよいかもしれない。

 ツタヤに行けば、今ではビジネスDVDやビジネスCDとよばれるものがレンタルできる。数があまり多くはないが、通勤時間に聞き流すのには、都合がよい。
 TSUTAYA ビジネスカレッジ
 しかもレンタルなので安い。特に中谷彰宏氏のDVDとCDは全部聴いた。今でもよく聴いている。

 最近のおすすめは、なんといってもFebeだ。ビジネス書や自己啓発本を耳で聴けるようにしてある。しかもインターネットからダウンロードできるし、新潮CDほど高くない。
 オーディオブック Febe
 私はネットで購入してダウンロードしたものをiPodに入れる。そのまま自動車のオーディオ機器につないで聴いている。勝間和代さんの本も多い。本を読みたいけど、なかなか時間がないという人には良いコンテンツだと思う。

 他にも、「オーディオブック」で検索すると、けっこう出てくる。それだけ需要があるのだろう。以前は茂木健一郎さんが自分の講演をブログでアップしていたので、それもよく聴いていた。(つづく)

« 仕事術2010 9 | トップページ | 仕事術2001 11 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/48044931

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事術2010 10:

« 仕事術2010 9 | トップページ | 仕事術2001 11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30