無料ブログはココログ

« 写真と学習 その9 | トップページ | 写真と学習 その11 »

2010年5月28日 (金)

写真と学習 その10

 写真の数も重要なポイントだ。
 1枚の印刷物の中に複数の写真があれば情報量は多くなるがインパクトは弱くなる。
 たとえば,下のチラシ。
 4枚の写真が入っている。
Flier1

 もっとインパクトを強めるためには,写真の数を思い切って1枚に減らしてみる。
 もっとも印象的な1枚にしぼるわけである。

Flier2

 うんと目立つチラシになる。

 だからといって,写真の数が少なければよいというわけではない。
 たとえば,新聞折り込みに入っている家電品店や服屋のチラシはものすごい数の商品の写真が掲載してある。目立たせることよりも商品の情報(特に価格)を知らせたい場合は数が多い方がいいのである。

 一方,映画館等に置いてある映画のチラシは何よりも目立たせないとならない。だから,インパクトのある写真が1枚だけ使われることが多い。

 その印刷物の目的と置かれる場所によって写真の数は異なるのである。


« 写真と学習 その9 | トップページ | 写真と学習 その11 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/48475771

この記事へのトラックバック一覧です: 写真と学習 その10:

« 写真と学習 その9 | トップページ | 写真と学習 その11 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31