無料ブログはココログ

« プレゼンテーションの準備のための創造的活動10月2日 | トップページ | 書籍から学ぶ2 »

2010年10月 7日 (木)

書籍から学ぶ1

 書籍から学ぶことも多い。書籍によって教育観が変化していくから面白い。
 そこで、「自分自身の教育観の核にあるもの」を明確にしたいので、しばらく、書籍の紹介を試みたい。

柴田義松著
「ヴィゴツキー入門」
寺子屋新書800円

319hbwsg66l_ss500_
 なぜ、協同的な学習が必要なのかということが分かる本である。
 ヴィゴツキーの「発達の最近接領域」の理論や「心理的道具としての言葉の役割」といったことが分かりやすく書かれている。
 ヴィゴツキーを最初に学ぶには最適な本だと思う。

« プレゼンテーションの準備のための創造的活動10月2日 | トップページ | 書籍から学ぶ2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/49671011

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍から学ぶ1:

« プレゼンテーションの準備のための創造的活動10月2日 | トップページ | 書籍から学ぶ2 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30