無料ブログはココログ

« 書籍から学ぶ6 | トップページ | 書籍から学ぶ 8 »

2010年10月20日 (水)

書籍から学ぶ7

ガー・レイノルズ著
「プレゼンテーションzen」
ピアソン・エデュケーション 2300円

 プレゼンテーション関連の本はいくつも出版されているが、この本だけは別格。そもそもプレゼンテーションとは何かといったことから語っている。考えてみれば、教育関係の研究会のプレゼンテーションは文字がぎっしりで写真が小さくて暗いものが多い。しかも、語りは原稿読み上げタイプ。これでは、聞かされている方は退屈でたまらない。
 この本では、主張をしぼりこんで、簡素な画面でプレゼンを行うことを推奨している。よい例がスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションである。本を読んだ後に、自分のプレゼンを見直してみると、反省することが多く見つかった。
 単なるプレゼンの技術書というよりは、ビジュアルコミュニケーションとは何かということを考えさせてくれる良書である。
*評価「5」

1127

 関連してもう一冊。

ガー・レイノルズ著
「プレゼンテーションzen デザイン」
ピアソン・エデュケーション 2400円

 前作と組み合わせるとさらによく理解できる。プレゼンテーションのデザインのための原則とテクニックがつまっている。
*評価「4」

1307

« 書籍から学ぶ6 | トップページ | 書籍から学ぶ 8 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/49792862

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍から学ぶ7:

« 書籍から学ぶ6 | トップページ | 書籍から学ぶ 8 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31