無料ブログはココログ

« 電子黒板と授業 3 | トップページ | ICTと表現力 2 »

2010年11月 3日 (水)

ICTと表現力 1

「ICT活用」は最近とてもよく聞くようになった言葉である。そもそもICTとは情報通信技術全般の総称であり、コンピュータやネットワーク、デジタルコンテンツ等の全てを含んでいる。だから、授業でそれを「活用」するとなると、様々な場面が想定される。授業者がパワーポイントで要点を示しても「活用」であるし、学習者がインターネットで検索して調べる活動を行っても「活用」となる。おそらく、ここ数年のうちに、それらのことは当たり前のものとなり、ことさら「活用」などと言わなくても、授業の一部として取り入れられるようになっていくだろう。

 問題は、「活用」の目的である。たとえば、学習者の「表現力」を高めるための「活用」となると話は違ってくる。授業者が一方的に情報をパワーポイントで提示するだけの授業方法であれば、目的に沿わなくなってしまう。

 そこで重要なのは、ある視点の導入である。私は授業でのICT活用を検討する場合、「コミュニケーションにおけるメディアの働き」という視点を用いることにしている。なぜならば、授業は、授業者と学習者、あるいは学習者同士のコミュニケーションによって成立するからである。そこで重要な働きをするのがメディアである。(つづく)

« 電子黒板と授業 3 | トップページ | ICTと表現力 2 »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/49921145

この記事へのトラックバック一覧です: ICTと表現力 1:

« 電子黒板と授業 3 | トップページ | ICTと表現力 2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31