無料ブログはココログ

« 研究について思うこと 6 | トップページ | 国語科デジタル教科書 2 »

2010年12月10日 (金)

国語科デジタル教科書 1

 国語科のデジタル教科書には様々なメリットがある。本文を大きく提示して書き込めたり、新出漢字の筆順を示す動画が入っていたり、戦時中の爆撃機の音が入っていたり、従来の掛け図とは大きく異なる部分が多い。
 そのようなメリットの中でも、私が面白いと感じている部分は、教材文と教材文、教材文と図表・挿絵・写真などを切り離して提示できることである。
 たとえば、5年生の国語の単元に「物語を作ろう」というものがある。写真を見ながら自由に物語を作るのであるが、いきなり複数の写真を見せて個別に物語を考えさせることは困難である。
 そこで一枚だけ写真を選んで拡大提示して、子どもたちに「どんな写真なのか考えてごらん」と問う。最初の子どもは「兄弟が旅に向かっているところです。」と答える。私は「どうして、そう思ったの?」と問うと、「着ている服がおそろいだからです。」とその子は答える。そこで、今度は別の子どもに「その兄弟は今から何をするの?」と問う。すると、「おじいちゃんおばあちゃんが住んでいる田舎に向かうところです。」という答えが返ってきた。私は、すかさず「どうして?」と問い直すと、その子は「向こうに新幹線が見えるので、新幹線に乗って遠くの場所へ行くと思ったからです。」と答えた。
 このような流れで、一枚の写真を使って次々に物語を作っていく活動は面白い。様々な発想が生まれやすいからである。
 従来の掛け図であれば、複数の中の一枚をその場で拡大して提示することは難しかった。デジタル教科書ならでは使い方だ。

 そこで、ちょっと考えてみる。写真を言葉にしていく活動は、どうして盛り上がるのだろうか。(つづく)

« 研究について思うこと 6 | トップページ | 国語科デジタル教科書 2 »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

ICT授業」カテゴリの記事

国語教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/50259321

この記事へのトラックバック一覧です: 国語科デジタル教科書 1:

« 研究について思うこと 6 | トップページ | 国語科デジタル教科書 2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31