無料ブログはココログ

« 研究主任だったら何をするか 4 | トップページ | 研究主任だったら何をするか 6 »

2011年4月30日 (土)

研究主任だったら何をするか 5

【全単元を俯瞰する】

 国語の教科書会社の中には単元系統一覧表をWEBで公開しているところがある。
 例えば、光村図書の光村チャンネルがそうだ。

 このサイトから単元別一覧表をダウンロードしてみる。

 1・2・3年と4・5・6年の一覧表を見てみよう。
 そして、前述した以下の三つの学習活動と関連する単元をピックアップする作業を行う。
(1)コンピュータ等の基本的な技能を身に付けて適切に活用する。

(2)必要な情報を様々な方法で調べて編集・表現し発表する。

(3)新聞・テレビ・インターネット等の特性を理解し、自らの情報活用を評価する。

 (1)に関連する単元であれば、たとえば以下のものが挙げられる。
 3年「ローマ字」「コンピュータのローマ字入力」(基本的な技能)
 4年「仕事リーフレットを作ろう」(適切に活用)
 6年「ようこそ、わたしたちの町へ」(適切に活用)

 (2)に関連する単元であれば、たとえば以下のものが挙げられる。
 1年「こんないしをみつけたよ」
 2年「あったらいいな、こんなもの」
 3年「本で調べて、ほうこくしよう」
 4年「読書生活について考えよう」「新聞を作ろう」
   「だれもがかかわり合えるように」「仕事リーフレットを作ろう」
 5年「グラフや表を引用して書こう」
 6年「ようこそ、わたしたちの町へ」「『平和』について考える」

 (3)の「情報活用の評価」では(2)で挙げた単元は全て該当する。また、「情報手段の特性の理解」に関連する単元としては以下のことが挙げられるだろう。
 4年「アップとルーズで伝える」
 5年「新聞を読もう」「インターネットを使って調べる」
   「ゆるやかにつながるインターネット」

 もっとも、他の単元も情報活用のための基礎的な力を養うためには関わらざるをえない。たとえば、1年「おはなしきいて」、2年「かんさつ名人になろう」、3年「よい聞き手になろう」、4年「聞き取りメモの工夫」、5年「きいて、きいて、きいてみよう」などの単元は、情報収集のための基本的な力を養うためには欠かせない学習活動となる。

 このように、1年から6年までの全学年全単元を俯瞰して見てみると、焦点化するべき単元が見えてくるはずである。

« 研究主任だったら何をするか 4 | トップページ | 研究主任だったら何をするか 6 »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/51531316

この記事へのトラックバック一覧です: 研究主任だったら何をするか 5:

« 研究主任だったら何をするか 4 | トップページ | 研究主任だったら何をするか 6 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30