無料ブログはココログ

« 情報活用能力をどう評価するか 2 | トップページ | 情報活用能力をどう評価するか 4 »

2011年6月 9日 (木)

情報活用能力をどう評価するか 3

【パフォーマンス評価】

 前述した,田中耕治著「新しい『評価のあり方』を拓く」(日本標準ブックレット)において、ポートフォリオ評価とパフォーマンス評価が紹介されている。
 ポートフォリオ評価は、総合的な学習の評価方法として広がっていったが、パフォーマンス評価は、それほど広がってはいない。
***********************
 「パフォーマンス」とは、自分の考え方や感じ方といった内面の精神状況を身振りや動作や絵画や言語などの媒体を通じて外面に表出すること、またはそのように表出されたものを言います。「パフォーマンス評価」とは、知識を「活用」することを要求する「真性の課題」に挑むことによって、それこそ五感で「表現」される学習の豊かな様相を長期的に把握すること、またそのような評価方法を創意工夫すること、さらには学習の成果を「表現」する方法を子どもたちに選択させることを意味しています。改定指導要録において、「表現」の位置と意味が変化したことも、このことと連動しているのです。

    田中耕治著「新しい『評価のあり方』を拓く」(日本標準ブックレット)より
***********************
 情報を活用する過程において児童生徒が表現したものを評価することは可能であろう。(つづく)

« 情報活用能力をどう評価するか 2 | トップページ | 情報活用能力をどう評価するか 4 »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/51894794

この記事へのトラックバック一覧です: 情報活用能力をどう評価するか 3:

« 情報活用能力をどう評価するか 2 | トップページ | 情報活用能力をどう評価するか 4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31