無料ブログはココログ

« iPadと教育08 | トップページ | iPadと教育10 »

2011年8月14日 (日)

iPadと教育09

【取材後に構想を立てる】

 取材から帰ってきたら,構想表に文字を記入していく。

「kumajoukenworksheet.pdf」をダウンロード
 構想表に言葉を記入していくと,漠然と抱いていたことが明確になる。メディアを作る学習において,頭に浮かんだことを言葉や絵にしていくことは極めて重要な意味をもつ。また,そうすることによってメンバーが共通理解することもできる。
Worksheet1
 やはり,実際に現場に出向いて知ったことはインパクトが大きい。体験から,何を伝えるべきかということが見えてくるからである。それから,2枚目のシートに大まかなレイアウトを書いておく。

Worksheet2_2

 この後は,構想表をもとにして,実際にiPadを使って写真や言葉をならべていく。
 iPadの長所は,撮影したものをそのまま貼り付けられるところである。また,数名のグループで画面をとりかこみながら,直接指で動かせるところも便利だ。
Ipadhanashiai_3

 ちなみに,私のグループでは,レイアウトを考える二人と動画を編集する一人に別れて作業を行った。 (つづく)

« iPadと教育08 | トップページ | iPadと教育10 »

iPad」カテゴリの記事

研究会・研修会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/52470790

この記事へのトラックバック一覧です: iPadと教育09:

« iPadと教育08 | トップページ | iPadと教育10 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31