無料ブログはココログ

« 学校の研究はなぜ実践報告になってしまうのか 15 | トップページ | ICTの「活用」とは何か 1 »

2011年10月23日 (日)

学校の研究はなぜ実践報告になってしまうのか 16

度数が集計されたので、これをグラフ化してみよう。
 まず、区間と度数の範囲を指定する。
Dosuu10
 しかし、ここで「グラフを挿入」を選ぶと以下のようなグラフになってしまう。
Dosuu11
 これは、エクセルが区間(青色)と度数(赤色)を別々の数値データとしてとらえてしまうからである。
 そこで、下の図のように「散布図」を挿入する。
Dosuu12
 すると、以下のように、度数が点で表示されたグラフになる。
Dosuu13
 このグラフを表示させた後、「グラフの種類の変更」を行う。
Dosuu14
すると、以下のような美しいヒストグラムになる。
Dosuu15

 児童生徒の実態調査の方法として知っておくと便利だ。
 このような、「教師が知っておくべき統計の基礎的方法」は山ほどあるので、このシリーズは続けたいところだが、いずれまた。

« 学校の研究はなぜ実践報告になってしまうのか 15 | トップページ | ICTの「活用」とは何か 1 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/53063267

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の研究はなぜ実践報告になってしまうのか 16:

« 学校の研究はなぜ実践報告になってしまうのか 15 | トップページ | ICTの「活用」とは何か 1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31