無料ブログはココログ

« One more thing. | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

2011年10月13日 (木)

Thank you, Steve.

 1995年、ウインドウズ95が発売されて、誰もがウインドウズを使うようになった。今までパソコンには縁遠かった人もこぞってウインドウズマシンを購入した。マッキントッシュユーザーは圧倒的少数となり、ソフト開発会社も見放し始めた。

 私が勤務していた学校のコンピュータ室もマッキントッシュだった。そんなMacユーザーを「アップル信者」「マック教」とからかう人たちも多かった。「ウインドウズはグローバルスタンダードなのに、なぜこの学校はマッキントッシュなのだ」と主張する人もいた。「あなたの学校のマッキントッシュをウインドウズに変えてもらえませんか。」と平気な顔で伝えた教育ソフト会社の営業マンもいた。「あなたの学校の最大の不幸は、マッキントッシュを採用したからだ。」と言うソフト会社の人もいた。

 それでも、私はマッキントッシュを使い続けた。数千枚のイラストや漫画をマッキントッシュで作ってきた。フォトショップやコミックスタジオはマック版もウインドウズ版もあるが、使った感触はまるで異なる。今書いている文章も動画の編集もすべてマッキントッシュで行ってきた。

 いろいろな人が、ブログやTwitterでスティーブ・ジョブズについて語っている。そこで共通しているのは、「ありがとう」という感謝の気持ちを示していることだ。スティーブの死を悲しむというよりは、我々のためにやってくれた仕事への感謝という気持ちの方が強いようだ。私もその一人だ。彼が創り出したコンピュータのおかげで、私もまた様々なものを創り出すことができた。

 「アップル信者」「マック教」という言葉でからかう人たちは、どんなものを創り出してきたのだろう。

 私もまた「Thank you . Steve.」と言いたい。

« One more thing. | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

近況報告」カテゴリの記事

コメント

私も,同じく「Thank you.Steve」と言いたいです。
教職に就いて4年後,初めて購入したGUIパソコンが
Macで,以来ずっとMacユーザーです。これまでに,
週報・通信・指導案等の各種文書はもちろん,数百の
教材・教具・動画を作って来ました。どれだけMacに
助けられたことでしょう。
その間,同僚にMacユーザーはほとんど居ず,
「なぜMacなんて使うの?」
という意見を聞くことも度々でした。しかし,Macを
使っていて正解だったと思うことはあっても,Wind-
owsを使っていなくて困ったことは一度もありません。
そして何より,Macを使うことで前田先生や情報研の
先生方との学び合いの機会を得られたことは,私にと
って最上の財産になると思っています。
改めて,
「Macを使い続けて良かった,ありがとうジョブズ!」
と言いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/52978051

この記事へのトラックバック一覧です: Thank you, Steve.:

« One more thing. | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31