無料ブログはココログ

« ICTは学力向上に役立っているのか? その2 | トップページ | ポスター制作ワークショップ その2 »

2011年12月 5日 (月)

ポスター制作ワークショップ その1

 12月3日(土)、月に一度の情報教育研究会の例会があった。
 今回のワークショップは、ポスターの制作である。
 まず、二つの写真を見せた。一つは、ポスターが掲示されている写真である。
Poster
 次に見せたのが、チラシが置かれている写真。
Flier

 そこで、「ポスターとチラシはどう違いますか?」と参加者に問う。参加者はグループで、しばらく話し合って次のように答えた。

○ポスターは大きくて分かりやすい。インパクトがある。
○チラシは細かい情報が書かれている。
○ポスターは、歩いている人を立ち止まらせる。
○ポスターは、キャッチコピーやイメージで右脳にうったえる。
○チラシは左脳にうったえる。
○ポスターは情報量が少ない。
○チラシは裏も使ってある。情報量が多い。

 このように、ポスターとチラシといった 「似て異なるもの」を比較することで、そのものの本質的な部分に気づくことができる。(ちなみに、ICTは、このような「発問」との組み合わせによって効果を発揮するものだと思う。)
 制作の前に「ポスターっていったい何なのだろう。」ということを考えることに価値がある。それが分からないままに、いきなりポスターの制作をしてみても、出来上がるものは「ポスターもどき」であって、ポスターにはなりえない。

 この後は、課題を提示した。
 ポスターで伝えるべきものは、1月の研究会のお知らせ。以下の内容である。

1、内容:iPad一日講座
  午前:iPadワークショップ 午後:iPadプレゼン大会
  懇親会前編:iPadゲーム大会 懇親会後編:iPadアプリ紹介
2、いつ:平成24年1月28日(土)
3、どこで:熊本大学くすの木会館

 朝の9時から夜の10時までiPad一色という常軌を逸した研究会である。
 このポスターをiPadで作るわけである。与えられた時間は1時間10分。
 参加者は三人で3枚を作る。一人1枚を作るわけなのだが、3人で話し合いながら練り上げてもらうことが条件である。しかも、完成作品はこのブログで紹介される。(つづく)

« ICTは学力向上に役立っているのか? その2 | トップページ | ポスター制作ワークショップ その2 »

研究会・研修会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/53408862

この記事へのトラックバック一覧です: ポスター制作ワークショップ その1:

« ICTは学力向上に役立っているのか? その2 | トップページ | ポスター制作ワークショップ その2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31