無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 写真の特性と授業への応用1 »

2012年1月11日 (水)

「情報教育」は行われているのか?その7

(前回からの続き)
 文部科学省が出している「今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開」(教育出版)は良い本だ。価格も410円と安い上に、事例も豊富である。内容は「総合的な学習の時間」なのだが、問題解決的な学習方法は、どの教科にも共通する。
 極めて重要なことは、「学習を指導する」という視点だ。この視点が抜けていると、総合的な学習は「体験だけ」「調べて発表のみ」といった活動に終始してしまうことになる。

(4)探究的な学習活動の過程を重視する。
 探究的な学習活動の過程とは以下の4つの過程である。現在、特に重視すべきは③であろう。
 ①【課題の設定】 体験活動などを通して、課題を設定し課題意識をもつ
 ②【情報の収集】 必要な情報を取り出したり収集したりする
 ③【整理・分析】 収集した情報を、整理したり分析したりして思考する
 ④【まとめ・表現】 気付きや発見、自分の考えなどをまとめ、判断し、表現する
 (文部科学省「今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開」(教育出版))

(5)協同的な学習を重視する。
 他者と協同して課題を解決しようとする学習活動を重視する。グループ活動であればよいというものではない。構成メンバーがそれぞれに思考せざるを得ない状況を作り出すことが必要となる。
 ①【多様な情報を活用して協同的に学ぶ】
 ②【異なる視点から考え協同的に学ぶ】
 ③【力を合わせたり交流したりして協同的に学ぶ】
 (同掲書)

(6)言語活動を重視する。
 ここ最近は言語活動ブームなのだが、「言語活動そのもの」が目的化する傾向にあるのではないか。そもそも、思考力・判断力・表現力を高めるための方法であったはずだ。そのために、以下のような活動を意図的に行いたい。
 ①体験から感じ取ったことを表現する。
 ②事実を正確に理解し伝達する。
 ③概念・法則・意図などを解釈し、説明したり活用したりする。
 ④情報を分析・評価し、論述する。
 ⑤課題について、構想を立て実践し、評価・改善する。
 ⑥互いの考えを伝い合い、自らの考えや集団の考えを発展させる。
 (中央教育審議会「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援括学校の学習指導要領等の改善について」)

« 謹賀新年 | トップページ | 写真の特性と授業への応用1 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/53708951

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報教育」は行われているのか?その7:

« 謹賀新年 | トップページ | 写真の特性と授業への応用1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31