無料ブログはココログ

« 教師のための思考術 2 | トップページ | 教師のための思考術 4 »

2012年2月29日 (水)

教師のための思考術 3

 大事なことは、辞書的な意味を調べるだけではなく「自分なりの定義」をしてみることだ。
 たとえば、「学ぶ」と「学習」ということについて。
 辞書では、次のように述べられている。

 

【学ぶ】
 1、教えを受けて知識や技芸を身につける。
 2、勉強する。学問をする。
 3、経験を通して知識や知恵を得る。わかる。
 4、まねる。
           (大辞林)

 【学習】
 1、まなびおさめること。
 2、(生)生後の反復した経験によって、個々の個体の行動に環境に対して適応した変化が現れる過程。
 3、(心)過去の経験によって行動の仕方がある程度永続的に変容すること。
 4、(教)新しい知識の獲得、感情の深化、よき習慣の形成などの目標に向かって努力を伴って展開される意識的行動。
  ((生)=生物学の専門用語、(心)=心理学の専門用語、(教)=教育学の専門用語)(大辞林)

 (専門用語の解説も面白い。)

 一般的な使い方で考えると、「学習」の意味には「まなびおさめる」というように「学ぶ」の意味が含まれている。
 このままでは、子どもたちに説明することができない。
 そこで、自分の頭で考えてみることにする。(つづく)

« 教師のための思考術 2 | トップページ | 教師のための思考術 4 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54103292

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための思考術 3:

« 教師のための思考術 2 | トップページ | 教師のための思考術 4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30