無料ブログはココログ

« 教師のための思考術 14 | トップページ | 教師のための思考術 16 »

2012年3月21日 (水)

教師のための思考術 15

【図にして考える プレゼンテーション】

 以前はプレゼンの準備をするときは、いきなりパソコンに向かっていた。
 今は、まずノートに図を描くようにしている。その方が効果的なプレゼンができることが多いことを実感したからである。
 基本は三点である。
 ガー・レイノルズは、「現状」に対する「期待」の間に生まれるギャップである「衝突」の三点でストーリーを作ることを主張している。そこに新しい提案が生まれるというわけである。
 また、永田豊志氏は、「現実」を「理想」の状態にするための「提案」の三点を図にすることを主張している。
 いずれにしても、現実から理想へ向かうための提案をもったストーリーが重要であることは共通している。
 考えてみれば、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションはほとんどがこの形をとっている。理想を掲げつつ現状を分析した上で新しい製品を発表するというパターンである。

 そこで、まずは以下のような図を描くことにしている。(つづく)
Genjitsurisouteian

参考文献:ガー・レイノルズ「シンプルプレゼン」(日経BP社)
       永田豊志「プレゼンがうまい人の『図解思考』の技術」(中経出版)

« 教師のための思考術 14 | トップページ | 教師のための思考術 16 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54272103

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための思考術 15:

« 教師のための思考術 14 | トップページ | 教師のための思考術 16 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31