無料ブログはココログ

« 教師のための思考術 8 | トップページ | 教師のための思考術 10 »

2012年3月12日 (月)

教師のための思考術 9

【図にして考える マインドマップ】

 マインドマップは今では小学校の教科書に掲載されているほど、一般的な方法になっている。
 問題は、ワークショップなどの特殊な時だけではなく、それをいつでもやっているかどうか、ということだ。

 たとえば、「授業力の向上」などという言葉はよく使われるが、「そもそも授業力って何だろう?」と考えてしまう。
 そんなときは、まずノートの真ん中に「授業力」と書いてみる。
Jugyouryoku1
 そのあとは、思いつくものをそのまま○で囲んで書き出す。
 「指示や発問など、授業を実際に行う力は、いるよなあ。でも、その前に教材の選定や解釈もやらないといけないので、教材を研究する力もいるな。」
という感じで、とにかく書いていく。
Jugyouryoku2
(つづく)

« 教師のための思考術 8 | トップページ | 教師のための思考術 10 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54201806

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための思考術 9:

« 教師のための思考術 8 | トップページ | 教師のための思考術 10 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30