無料ブログはココログ

« 教師のための思考術 18 | トップページ | 教師のための思考術 20 »

2012年4月18日 (水)

教師のための思考術 19

【ポジティブに考える】

 仕事の量をこなすためには、一つ一つの仕事のスピードを上げなくてはならない。分単位、秒単位で仕事にかかる時間を意識する必要がある。これは大げさな表現ではない。たとえば、一つの電話にかかる時間は人によって大きな差がある。本人は話に夢中になっているので気付かないだけだ。そのようなわずかな時間の差が積み重なって、大きな時間の差になってしまう。

 そこで、帰る時間を最初に決めることにする。自分にとっては午後6時がちょうどよい。
 それから逆算すると、仕事の優先順が決まってくる。その日のうちにしなくてはならないことを後回しにすると、当然「残業」することになってしまう。
 日本では、残業することが「がんばっている姿」として認められがちだが、仕事の要領の悪さを示しているようなものだ。仕事を切り上げて、さっさと自宅に帰って、家族と一緒に夕食をとり、家事もやり、読書をする方がよほど生活は充実する。(私の場合、食後の皿洗いとアイロンがけ、分別ゴミ出しは毎日やっている。(笑))

 そもそも、遅くまで職場に残って仕事をしている人たちは、どんな時間にインプットしているのだろう。仕事の質を上げるためには、インプットすることで、新しいアイデアを取り込まなくてはならないはずだ。残業することよりも、仕事のスピードアップと質の向上に知恵をしぼるべきだと思う。(つづく)

« 教師のための思考術 18 | トップページ | 教師のための思考術 20 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54498969

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための思考術 19:

« 教師のための思考術 18 | トップページ | 教師のための思考術 20 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30