無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 9 | トップページ | 教師のための時間術 11 »

2012年5月30日 (水)

教師のための時間術 10

【細切れ時間にやることを決めておく】

 細切れ時間とは,数分,数十秒の短い時間を言う。
 こんな時間は山ほどあるだろう。たとえば,バスや電車,飛行機などを待っている時間や電話の相手が出るまでに待っている時間などがそうである。こんな時間でも最初からやることを決めておくと時間を効率的に使える。
 バスや電車を待っている間は,必ず読書をする。飛行機を待っている間は,コンピュータのファイルの整理をする。最初から決めているので,すぐに作業を始められる。特にコンピュータのファイル整理は,数分間でもやっておくと,かなり使いやすくなる。
 電話の相手が出るまでには,メールのチェックをしたりWEBサイトのチェックをしたりしておく。特に学校の教師に電話をかける場合は,教師が電話から離れている場所にいることが多いので待たされることが多い。数十秒でも案外と長く感じられるものだ。その時間がもったいない。

 このように書くと,余裕のない生活のように感じられるが,実際は逆である。読書をするためにバスや電車を待つ,メールのチェックをするために電話をかける,と考えればよい。

« 教師のための時間術 9 | トップページ | 教師のための時間術 11 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教師のための時間術 9 | トップページ | 教師のための時間術 11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30