無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 3 | トップページ | 教師のための時間術 5 »

2012年5月22日 (火)

教師のための時間術 4

【記録すること】

 人は誰しも移動にかかる時間は覚えているものだ。たとえば,郵便局までは歩いて10分程度かかる,といったことは把握している。
 しかし,何かを行うのにかかった時間は案外と覚えていない。たとえば,メールをチェックする時間や電話にかかる時間,打ち合わせにかかる時間,通信や書類を書くのにかかる時間といったものだ。
 何かをした後にどの程度の時間がかかったかを,ちらっと時計を見ながら記録しておくと,「かかった時間」が把握できる。たとえば,このブログを書くのに10分かかったとしたら,「ブログ10分」と書いておく。
 このような記録をやっておくと,「その仕事にどの程度の時間がかかるか」を事前に把握することが可能になる。小さなことでもかまわない。たとえば,職員室から自分の教室までにかかった時間,職員室からトイレに行ってもどってくる時間,昼食を食べるのにかかった時間,といったことである。このような小さな時間を大切にすることで,重要な時間にかける時間が確保できる。ちょっとした仕事なら,数分のうちにいくつも片付けることが可能だ。

 われわれは,預金通帳の残高は気になる。食事代や光熱費にどの程度かかったかは気になる。お金の話になると非常に関心が高くなるのに,時間になるといいかげんになってしまうのではないだろうか。時間もお金と同じ感覚で大切に「使う」ことが必要なのである。(つづく)

« 教師のための時間術 3 | トップページ | 教師のための時間術 5 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54770760

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 4:

« 教師のための時間術 3 | トップページ | 教師のための時間術 5 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30