無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 10 | トップページ | 教師のための時間術 12 »

2012年5月31日 (木)

教師のための時間術 11

【「忙しい」を言わない】

 「忙しい」とさかんに言う人がいる。
 「現場は忙しい」「学校は多忙化している」という具合である。もちろん,忙しいのは分かっている。問題は,それを言うことが「何かをしない理由」になってしまっていることだ。
 たとえば,こんな感じである。
 「学校は多忙化しているので,校内研修ができない。(→だからやらない)」
 「現場は忙しいので,研究授業は負担になっている。(→だからやらない)」
 「私はこんなに仕事を抱えています。大変なんです。(→だからやらない)」
 「忙しい」のは自分の外に責任があるという考え方なのだろう。
 だから,私はあえて「忙しい」ということを口に出さないことにしている。「お忙しいでしょ。」と言われたら,わざと「いえいえ。ひまでひまでしかたがありません。」と冗談交じりに答えることにしている。仕事を依頼されたら,可能な限り,その時点でスタートする。本当にできないときは,理由を述べて断る。
 「忙しいから仕事をやらない」のではなく「忙しいから効率的な方法を考える」ほうが,よほど自分の人生に役立つ。「私って忙しいんです。大変なんです。私に仕事を頼まないでください。」とアピールしている人にはいつまでたっても進化は起こらないだろう。

« 教師のための時間術 10 | トップページ | 教師のための時間術 12 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54840092

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 11:

« 教師のための時間術 10 | トップページ | 教師のための時間術 12 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30