無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 4 | トップページ | 教師のための時間術 6 »

2012年5月23日 (水)

教師のための時間術 5

【やらないことを決める】

 やることが多くなれば当然時間は足りなくなる。やりたいことをやる時間を確保するためには,やらないことをあらかじめ決めておいた方がよい。いわゆる「NOT TO DO」である。だらだらと時間を浪費してしまうようなことである。たとえば,テレビやネットサーフィン。見始めるとついつい時間がすぎてしまう。
 私の場合はテレビは,ほぼニュースしか見ないことにした。食事中にテレビがついていることもあるが,基本的には見ない。どうしても見たい番組は録画して後から見ることにしている。
 ネットサーフィンは基本的に行わないが,フェイスブックのニュースフィードは15分間だけ見ることにしている。15分以上は見ない。
 要は不必要なことに時間をかけないことだ。お金でいえば「無駄遣い」である。知的生産の量が多い人は,ほぼ例外なく「無駄遣い」がない。時間が資源であるからだ。(つづく)

« 教師のための時間術 4 | トップページ | 教師のための時間術 6 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54778643

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 5:

« 教師のための時間術 4 | トップページ | 教師のための時間術 6 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31