無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 1 | トップページ | 教師のための時間術 3 »

2012年5月17日 (木)

教師のための時間術 2

【まず始めること】

 仕事を効率的に行うためには、時間を資本として捉えることである。ドラッカーは「成果をあげる者は、仕事からスタートしない。時間から出発する。」と述べている。これは、時間をマネジメントすることに他ならない。
 「忙しい」を連発している人ほど、むだな時間が多いのではないだろうか。たくさんの仕事をこなしている人ほど「忙しい」とは言わない。「もっと効率的に時間を使えないか」と考えているはずである。

 時間を効率的に使うためには、仕事が生じたら「まず始める」ことだ。単純なことなのだが、まず始めなければ仕事はすすまない。
 たとえば、5月に学校全体の研究計画を立てる段階で、自分が11月に研究授業を行うことになったとしよう。その場合、その時点ですぐに指導案を考える始めることである。とにもかくにも、その単元を考えたり、教材を検討したり、資料を収集しはじめることが重要だ。まだ、あと半年もあるから大丈夫、夏休みにじっくり考えて9月になったら本格的に準備しようなどと考えると失敗する。9月には9月の「仕事」が生じるからである。
 実際に始めてみると、その仕事にどの程度の時間が必要なのかといった見通しが立てられる。仮に一学期に別の仕事をしなくてはならなくても、見通しが立てられるので、時間の調整が可能になる。

 この「まず始める」ということは、小さな仕事にでも適用できる。掲示物の貼り替えや部屋の整理といった小さなものでも、気付いたらまず始めることである。原稿なども依頼された段階で、まず思いついたことを書き留めておくことだ。時間があるときにやっておこうと考えると、あらゆることが「先延ばし」になってしまう。

 私自身も、過去を思い起こせば、「まず始めること」ができていなかったがために、あらゆることが締め切りをすぎてしまっていた。そして、多忙感だけが増大していたのを多い出す。(つづく)

« 教師のための時間術 1 | トップページ | 教師のための時間術 3 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

いつも貴重なお話をありがとうございます。

>時間を効率的に使うためには、仕事が生じたら「まず始める」ことだ。単純なことなのだが、まず始めなければ仕事はすすまない。

最近、このことがよくわかるようになってきました。私は「すぐする」ということを肝に銘じています。私の場合、後でやろうとすると、探し物から始めなければならなくなります。簡単なことであれば、すぐやれば5分ですむ事も、後でやろうとすると30分かかったりします。気持ちよく、効率的に仕事をしたいものです。

なべたけさん,ありがとうございます。こういう仕事術をもっと若いうちに身につけておけばよかったな,と今頃になって後悔しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54729458

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 2:

« 教師のための時間術 1 | トップページ | 教師のための時間術 3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30